公家文化

32 の用例 (0.00 秒)
  • また公家文化の影響とも考えられる。
  • 戦後になる昭和中期後期から平成にかけて公家文化が見直されるようになり、その伝統と会員間の交流のために作られた堂上会が活躍している。
  • 室町時代後期の公家文化を理解するのに有用な史料である。
  • また、公家文化においては「悪左府」と呼ばれた藤原頼長の日記『台記』には彼が複数の男性と同衾していたことが書かれている。
  • 公家文化に精通していることに関しても、先述の通りそれは素養の高さを示すものであり、決して暗愚を示すものではない。
  • 将軍学問所番務めや陰陽道に関わる行事の差配を任されている事から、忠久が公家文化に深い理解を持っていたと考えられる。
  • また、三条西家は香道の宗匠家としても知られ、季知自身も公家文化を担うこの時代の文化人の一人であった。
  • このように、公家文化に対するあこがれから、作歌にはげむ武士も少なくなかった。
  • 三条西実隆などの文化人とも交流し、和歌や連歌、芸能など公家文化への関心を示す。
  • 大陸文化と日本文化、公家文化と武家文化など諸文化の融合がおおいに進展するなど活気に満ちてはいるが一方では粗野な側面をもつ足利義満の時期の文化である。
  • しかし、東山文化がいつ始まりいつまで続いたか区分が明確でないことや、義持・義教の時代が無視されてしまうことへの批判、禅宗の影響や公家文化と武家文化の融合など共通性が多いことから、今日の歴史学では両者を合わせて「室町文化」として論じるのが一般的であるという。
  • これらは武士の台頭とともに一時は衰退することになるが、新興の武家が公家文化を受容することで自らの権威付けを図る風潮が盛んになり復活していく。
  • 武家文化に対し、公家文化は花鳥風月と喩えられる雅や遊び、いわゆる趣味や芸術である。
  • 当初は鯉一匹など簡単な物であったが、室町時代になり武家の経済的政治的優位が確立し、幕府政治の本拠地も公家文化の影響が深い京に移るに至って、料理の品数も増え、料理自体にも派手な工夫が凝らされるようになった。
  • 中世には武田氏が安芸から、若狭守護として入り、京都から多くの貴族を招くなど、公家文化が華ひらいた。
  • 南北朝時代の動乱を経て、それまで伝統的であった公家文化と、新興の武家文化の融合が特色で、明との勘合貿易、禅宗を通じて大陸文化の影響も受けている。
  • 浄土信仰と禅宗信仰、仏殿と住宅建築という異種のものの結合は、伝統の公家くげ文化と新興の禅宗文化の融合を象徴したものといえる。 三島由紀夫『金閣寺』より引用
  • 南北朝時代の活力が背景にあり、3代将軍義満の時代は中央集権的で公家文化と武家文化の影響や中国文化の影響があるのに対し、8代将軍義政の時代は庶民的で「わび・さび」という禅宗などの影響が強いのが特色といわれる。
  • 武家文化は武将および部隊、公家文化は外交、寺社文化は内政、南蛮文化は防衛に特化した効果を有しており、それぞれの文化に対応する名声上昇施設を規定数建設する事で新たに文化を習得していくという『革新PK』の技術革新のようなシステムとなっている。
  • わかりやすいところでは十二単の色目を参考にした斜め二色の袱紗を使用することがあげられ、また畳紙と浅香の懸盤を参考にした小掛台とを使った貴人点前も公家文化をよく反映したものである。
  • 次へ »