公家接待役

6 の用例 (0.00 秒)
  • 第5代将軍・徳川綱吉から信任され、元禄5年3月に公家接待役を任された。
  • 宝暦8年2月に公家接待役に任じられるが、間もなく病に倒れ、6月12日に鳥取館で死去した。
  • 公家接待役や京都火消役などを務めた。
  • 明和7年2月には幕命で公家接待役を務めたが、明和8年3月7日、鳥取で死去した。
  • 明和3年3月に公家接待役を務め、明和5年に江戸城常盤橋門番を任じられた。
  • 村和は、元禄9年には徳川家綱の17回忌における公家接待役を務めるなどしたが、元禄12年9月9日、江戸城へ登城する行列の前を横切った旗本・岡孝常に供回りの者が怪我を負わせたため、9月26日には謹慎を命じられ、ついには改易に追い込まれた。