公家や武家

50 の用例 (0.00 秒)
  • 公家や武家における所領の支配や商人の事業なども全て家政に属していた。
  • 当時の支配層である公家や武家の文化・生活・教育の水準を知る上での貴重な資料である。
  • 禅宗は鎌倉幕府以後も公家や武家の帰依を得て京都五山が定められた。
  • 富裕な商人も使用したが、公家や武家で着用されることはなかった。
  • 日本の南北朝時代以降には天皇より下賜されることにより公家や武家の間で家紋として使用されるようになった。
  • このほか、公家や武家の屋敷五十数戸、寺や神社が百七十余、橋四十、芝居小屋三という焼失記録が残っている。 池波正太郎『幕末新選組』より引用
  • 弓矢が日本の歴史の中で公家や武家にとって重要であったことから、矢入れも様々に変化し、儀礼用や戦いのためのものなど細分化した。
  • この時代も禅宗は公家や武家の帰依を受け発展を続けた。
  • つまり墨跡は一般に流行した書というわけではなく、当時の知識層の中でも特に上層の禅僧と一部の進歩的な思想を抱く限られた公家や武家の間に好まれたに過ぎなかった。
  • 江戸時代以後、古典研究の発展に伴って民間でも有職故実の研究をする者が現れ、世襲化されて学問としては停滞が見られた公家や武家の有職故実の伝統に囚われない独自の研究が見られた。
  • 目下債務に苦しんでいるのは、土民よりもむしろ公家や武家である。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 能は、当時の公家や武家の重要なもてなしであった。
  • 平安時代以降、江戸時代に至るまで官位即ち位階と官職は公家や武家の身分制の中で活用されてきたが勲等については時代が後になるにつれ用いられることが少なくなった。
  • 表現上の特徴としては、元号・月の異称・遡日・晦日など、当時の公家や武家の日記に見られるような表記・年次の記載がない。
  • 平安時代に寺院で行われていた起請や、公家や武家の処分目録の末尾に付記された子弟への遺訓・遺命的な文章が独立した文書化されたものと言われている。
  • 皇室の外で結納が行われるようになったのは、ずっと後のことで、室町時代に公家や武家に広まり小笠原流や伊勢流などに体系化されていく。
  • また幕府が当初、農民に限定した徳政令を発布して事態の収拾に乗り出したのに対し、公家や武家も含む一国平均の徳政令を要求し、支配者層の支持をも得ようとしている。
  • 公家や武家はもとより、明法博士、文章博士などの文官なども、それぞれそれを家業とする一族が従事した。
  • 屋形とは、公家や武家など貴人の館のことを意味する。
  • 江戸時代、駕籠の中でも公家や武家が乗るような、装飾が施されて引き戸が付いている高級なものは乗物と呼ばれ、大型で柄の長いものは長柄と呼ばれた。
  • 次へ »