公家や僧侶

12 の用例 (0.00 秒)
  • また多くの公家や僧侶と交遊して書写活動を行うなど文化的活動を精力的に行なっている。
  • また、金融業も発展しており、公家や僧侶から商工業者まで各階層の消費者を多く抱えていた。
  • この時代までの往来物は公家や僧侶などの知識人によって書かれる事が多く、こうした江戸時代以前の作品をまとめて「古往来」と呼ぶ。
  • 日本には古くから伝わっていたものと考えられており、平安時代から行われ、当初は公家や僧侶がやっていて、すごろくや詩歌管弦を楽しんでいた。
  • 全体として、保守的な公家の立場を主張し、天皇と公家が日本国を統治して武士を統率するのが理想の国家像であるとし、特に公家や僧侶を「人」、武士を「者」と明確に区別しているところに彼の身分観の反映がなされていると言われる。
  • 公家や僧侶など武将以外の人物も多彩になっている。
  • それまでは文字の読み書きは公家や僧侶など知識階級の特殊技能に属し、一般庶民が読み書きできる時代は、それまで存在することがなかった。
  • 文治的な朝廷から、鎌倉幕府が成立して質実剛健な武士に政権が移行すると、紙の消費層が公家や僧侶から武士に広がって、華やかな薄い紙よりも厚くて実用的な丈夫な紙が求められ、主に播磨の杉原紙や美濃和紙が流通した。
  • 日本の将棋類は、伝統的に公家や僧侶など字が読める階層によって指されてきたが、室町後期・安土桃山時代頃には京の都を中心に「小将棋」あるいはその亜種である現行の「本将棋」を指すことを生業とする芸人が現れだした。
  • 応仁の乱を契機として、地域が自立性を強め、それにつれて、地方の所領からの収入が途絶えて困窮する京都の公家や僧侶のなかには、戦乱で荒廃する京都を離れ、繁栄する地方都市へ下り、その地の大名や国人に頼るものがあらわれた。
  • このため、三条西実隆ら公家や僧侶とも親交が厚かった。
  • 武家の日記は公家や僧侶のそれよりも伝わる数は少ないものの、室町時代の蜷川親元『親元日記』や相良正任『正任記』、大館尚氏『大館常興日記』、戦国時代から江戸時代初期にかけての上井覚兼『上井覚兼日帳』や梅津政景『梅津政景日記』など優れた日記も伝わっている。