公家の岩倉具視

5 の用例 (0.00 秒)
  • 公家の岩倉具視も1867年に著した『済時策』で富国強兵を皇威宣揚のために必要な政策として説いている。
  • 薩摩藩と長州藩は公家の岩倉具視と結び、慶応3年12月9日王政復古の大号令を行い、新政府が誕生すると佐賀藩も参加し新平は副島種臣とともに京都に派遣される。
  • 薩摩藩の西郷隆盛や公家の岩倉具視の支援を得て、1868年1月8日に近江国松尾山の金剛輪寺において結成される。
  • これに対し、薩摩藩の大久保利通や公家の岩倉具視らの倒幕派は12月9日に王政復古の大号令を発し、前将軍・徳川慶喜に対し辞官納地を命じた。
  • 幕府は朝廷権威に接近して権力の再構築を図る公武合体政策を行うが、公家の岩倉具視や、薩摩藩の西郷隆盛、大久保利通、小松清廉、長州藩の桂小五郎、広沢真臣などの尊皇攘夷派らは、王政復古、武力討幕路線を構想する。