公家の娘

27 の用例 (0.00 秒)
  • 今を去る二十数年前、後奈良帝は一人の下級公家くげの娘を見初みそめられた。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』より引用
  • それ故、貧しい公家の娘を、金の力で妻にしたいと望んでいられます。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • 昔、不義をして京を追放された公家の娘が志度の浦で身の不幸を嘆いていた。
  • いや、まだ怪しからねえのは、そいつが京都の公家くげの娘だと云っているそうだ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • また浄土真宗系の寺院では公家の娘を内室に持つ寺主の子息が使用したこともあった。
  • 上臈御年寄は公家の娘を出自とすることが多いので、花園も同様と思われる。
  • 大名の正室にとさえ望まれた身分ある公家の娘である。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • 武家に公家の娘を迎えることは、習俗の違いもあってそうたやすいことではない。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 公家の娘と見るには、くっきりした目がつよすぎたが。 皆川博子『乱世玉響』より引用
  • テック公家の娘が未来の王妃となったのである。
  • 女の行者は公家の娘ではなかった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 京の公家くげの娘だった。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • 相手が京都の公家の娘で、問題が勤王とか討幕とかいう重大事件であるから、下っ引の源次はすこし躊躇した。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 家康以来、皇族または公家の娘を御台所に迎えたのは、高貴の血をとり入れ、田舎大名の出をカムフラージユしようとしたからだ。 稲垣史生『考証[大奥]』より引用
  • 単にこれだけの事件であるならば、問題は案外に単純であるが、かの怪しい行者は勤王とか討幕とか、京都の公家の娘とかいう、大きな背景を持っているらしいだけに、半七は迂闊うかつに彼女に手をつけることが出来なかった。 岡本綺堂『半七捕物帳全集(69作品)』より引用
  • 女中らはすべて武家浪人ろうにんの娘か、下級公家くげの娘であるが、なかには後家ごけや出もどりもいる。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • その後子に恵まれず、後継ぎを得たいためか不明だが公家の娘や天皇に仕える女官など多くの女性と交わり、義詮は腎虚になって寿命を縮めたと言われている。
  • 単にこれだけの事件であるならば、問題は案外に単純であるが、かの怪しい行者は勤王とか討幕とか、京都の公家の娘とかいう、大きな背景を持っているらしいだけに、半七は迂濶うかつに彼女に手をつけることが出来なかった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 公家の娘である。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 田舎の武人で相当な勢力を養い、場合によっては公家の娘でも嫁にもらおうかという権幕の者は、その日常生活においても公家の真似がしたくなるのは自然であって、それがまた公卿の財源になり、公卿の中には、手もと不如意になると遍歴を始めて、地方豪族を頼り寄付金を集めた者も少なくない。 原勝郎『東山時代における一縉紳の生活』より引用
  • 次へ »