公安

全て 名詞
3,410 の用例 (0.01 秒)
  • 一七九四年には公安委員会の議長となり、翌年、法務大臣に任命された。 アレクサンドル・デュマ/乾野実歩訳『リシャール大尉』より引用
  • 当時は公安管轄の法律であり規制と罰則を中心とした内容であった。
  • だが早速これが、もう国家の公安調査の対象になるものとは思わなかった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • いくらなんでも、こんな夜更けに公安はあとをつけて来やしないだろう。 原登『村 の 名 前』より引用
  • もうすこしで大乱闘になるところを、金髪の公安委員にひき止められる。 新城十馬『蓬莱学園の初恋!』より引用
  • 国務大臣・国家公安委員長、つまり警察全体をおさめている人物なのだ。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿01 東京ナイトメア』より引用
  • また公安部に所属する武装警察部隊数十万が駐屯するとも言われる。
  • 参考のためにつけ加えておくと、彼は元軍人、現在町の公安委員である。 安部公房『飢餓同盟』より引用
  • 警察署のなかに公安の部屋があっても、他の部署の人は入室を許されない。 田中芳樹『創竜伝 第04巻』より引用
  • 本作品では公安9課自体が主人公といえる観点でストーリーが進んでいく。
  • 道路交通法第九十九条によって公安委員会の指定を受けた教習所のことを指す。
  • この場合公安委員会への届出ではなく管轄の保健所の営業許可となる。
  • 十津川は上野駅の公安官室に行き、そこの室長に会って事件のことを話した。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • その後は目立った活動はなかったが、常に公安警察の監視対象だった。
  • 内調と公安だった、けどそこもどこから頼まれたのかは微妙だったな。 九条公人『サクっとEVANGELION』より引用
  • 県警公安では、すでに資料もお茶も用意して、私を待っていてくれた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 04 暇つぶし編』より引用
  • 取り次ぎの者は、事実、公安大臣が来たことを告げに来たのであった。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(1)』より引用
  • やがて公安官は、男のまぶたをゆっくりとひっくりかえしてから言った。 ハインライン『メトセラの子ら』より引用
  • 東京駅では、公安官が乗った様子はなかったから、途中で乗って来たのだろう。 西村京太郎『寝台急行「銀河」殺人事件』より引用
  • 単一自治体はしばしば隣接の地方議会と共同の公安当局を設けている。
  • 次へ »

公安 で始まる単語