公安零課

7 の用例 (0.00 秒)
  • 公安零課からはSPEC関連事件の囮として扱われている。
  • 確保されたSPECホルダーたちは一様に殺害されるわけではなく、その身の安全を守るため保護施設に移送する場合もあり、その中でも絶対安全とされる保護施設はデッドエンドと呼ばれ、公安零課以外には極秘の存在である。
  • そのパブリック・ドメインのシステムは津田と同じ顔の人物が多数影武者として存在し、敵対する者に1人が殺されても代わりの津田が次々に現われる、というもので、これによって公安零課を世界最強の組織たらしめているという。
  • ほぼ一話完結方式で進む物語は、中盤から拘置中の予知能力者・冷泉俊明拉致未遂事件などにより、SPECホルダーたちによる秘密組織の存在が判明し、それに対抗し殺人なども含む非合法の治安維持を行う公安零課の暗躍などが描かれる。
  • 謎の予言「ファティマ第三の予言」の存在が描かれ、公安零課ほか国家レベルの指示の元、未詳は瀬文の元恋人・青池里子と協力して制圧に向かうが当麻のSPECは意志に反して復活する。
  • 瀬文が巻き込まれた誤射事件も、SPECホルダー組織によるものであることが明らかになり、瀬文は志村の復讐のため未詳を出て公安零課入りするが、ニノマエはその能力により組織を恐怖支配してトップに立ち、零課を壊滅させるなど悪行を重ねる。
  • 公安零課トップの津田助広はその姿を現して対ニノマエの緊急会議を開き指揮を執るが、ニノマエは警視総監と潤を人質に取り体制側を脅す。