公安第

40 の用例 (0.00 秒)
  • 更に警察庁警備局公安第一課長と「サクラ」を指揮しているとされた理事官が配転された。
  • 「佐藤君」とは、公安第一課極左学生担当の佐藤英秀警視のことだ。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • 本来殺人事件の捜査は担当外であるはずの公安第六課に連続猟奇殺人事件の捜査をまわされ、まりなにその任務がまかされた。
  • 飯田蔵太警視の指揮する公安第一課が担当だ。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • 飯田蔵太公安第一課長の加入電話の番号をダイヤルする。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • 重信に似た女の視察を始めた同公安第三課は、特有のタバコの吸い方から重信本人と突き止めた。
  • また1977年のダッカ事件を機に、警察庁警備局は公安第三課兼外事課の「調査官室」を設立した。
  • 公安警察との関係を懸念して地検公安部ではなく特捜部によって捜査が開始され、まもなく神奈川県警察本部警備部公安第一課所属の複数の警察官が1985年夏から盗聴を行っていた事実を突き止めた。
  • また、この事件をきっかけにして警察庁は警備局公安第三課兼外事課「調査官室」を設置し、中東・欧州・東南アジアなどで日本赤軍の捜査を行うようになった。
  • この警視庁全体の怒りは、殉職翌日の各紙に掲載された当時の公安部・公安第一課長の村上健警視正の談話に、如実に表現されていた。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • 道府県警察本部の規模によって課の数が異なり、大規模警察本部の警備部は、日本共産党関連事案担当の公安第一課、右翼事案担当の公安第二課、極左事案担当の公安第三課といった3課体制で公安課が設置されている。
  • そこへ態度が大きくて年次不詳の警察庁警備局公安第一課課長補佐、亀井静香警視が加わったからまた波乱が起きた。 佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』より引用
  • 関係の深い警備課や公安第一課の警電や加入電話のベルは絶えまなくけたたましく鳴り響き、課員たちは書類片手に廊下を急ぎ足で往き来する。 佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』より引用
  • 一方、公安第一課からは、逐次、さし名照会があり、この中に、やはり赤軍派幹部で爆発物取締罰則違反で全国指名手配されていたUが含まれていた。 堀ノ内雅一『指紋捜査官 「1cm2(平方センチ)の宇宙」を解き明かした男の1万日』より引用
  • その上に2000年11月には、「最高指導者」の重信房子も潜伏していた大阪府高槻市で旅券法違反容疑で大阪府警警備部公安第三課によって逮捕された。
  • そこで警察庁は国外逃亡中の日本赤軍メンバーを逮捕するため、1977年12月に警備局公安第三課兼外事課に「調査官室」を設立した。
  • 九四年から始まったオウム真理教関連捜査では、局長・杉田和博とともに、高石和夫が率いた公安第一課が全国の公安警察に教団捜査の徹底などを指導、特別手配容疑者の追跡捜査でも一定の成果を挙げた。
  • そして長期に亘る、文字どおり命がけの機動隊長の任務もそろそろ満期除隊ということで、この「あさま山荘」警備が終ったら彼は三階から元の古巣の四階の故郷に錦を飾って栄転し、晴れの公安第一課長に就任することに内定していたのだ。 佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』より引用
  • みると公安第一課の前田武夫警部補だ。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • 警視庁側は、山本鎮彦公安部長、下稲葉耕吉警備部長、村上健公安総務課長、飯田蔵太公安第一課長と警備第一課長の私の五人だった。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • 次へ »