公安室

39 の用例 (0.00 秒)
  • 翌日になって見つかったというので、十津川は亀井と公安室に会いに行った。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 京都駅の北東角であり、傍らには車掌区や鉄道公安室などがあった。
  • 十津川たちのことは、仙台の公安室から連絡があったという。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • あたしはそこらへんの登場人物全部と一緒に、公安室のようなところで彼らに質問されることになった。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 十津川は、黙って、二階にある鉄道公安室へ入って行った。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • この公安室の横が売店だったから、買いに行っただけさ。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 三人は、公安官に礼をいい、公安室を出ると、四階の新幹線ホームにあがって行った。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 地方組織として、各鉄道管理局の営業部に公安課が設けられ、現場第一線の組織として鉄道公安室が全国各主要駅に設置された。
  • やはり、ここでも下車した客は鉄道公安室に直行らしく、改札口に公安官が数人立ち番をしていた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』より引用
  • なお、沖縄県警察は国鉄民営化による発足時鉄道が無く鉄道公安室も無かった事や、現在も県内の鉄道路線が小規模であるため、鉄道警察隊が設置されていない。
  • 十津川は公安室へ行ってみた。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 公安室の横に、キオスクがあったのは事実だが、キオスクには、公衆電話もあった。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • こっちも、顔を合せるのが嫌で、なるたけ、公安室の方には、行かないようにしているからな。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 公安室には五人の公安職員が待機していた。 宮脇俊三『終着駅は始発駅』より引用
  • 拳銃も、借りて身につけ、その代り、東京から、持ってきた拳銃を、公安室に預けた。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 十津川がいうと、亀井は、すぐに、公安室を出て行った。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 国鉄分割民営化に伴い鉄道公安室は廃止され、都道府県警察に新設された鉄道警察隊の本隊もしくは分駐隊となった。
  • また、鉄道公安室の中でも大規模なものを「中央鉄道公安室」とし、全国で札幌・仙台・新潟・東京・上野・新宿・名古屋・大阪・広島・小倉の計10ヶ所にあった。
  • 鉄道公安職員は、鉄道管理局及び主要駅に置かれた鉄道公安室に所属し、統括部署として日本国有鉄道本社の中に公安本部が置かれていた。
  • 警視庁の協力隊として東京駅構内や列車内での治安維持や犯罪摘発に併走する鉄道公安室所属の私服職員たちの活躍を描く。
  • 次へ »

公安室 の使われ方