公安官

169 の用例 (0.00 秒)
  • ハコのそばでは現場保存の制服警官と鉄道公安官が挙手の礼をして迎えた。 森村誠一『新幹線殺人事件』より引用
  • いいか、一四時五五分発の連絡船に乗ったら、まず、公安官を探すんだ。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 二人の公安官がやって来たが、彼等もびっくりして、声をかけて来た。 西村京太郎『寝台特急八分停車』より引用
  • 公安官に名前と住所、それに電話番号を聞かれたのを思い出したのである。 西村京太郎『寝台急行「銀河」殺人事件』より引用
  • 鉄道公安官は刑事ではないが、通常、本作は刑事ドラマに分類される。
  • 十津川は上野駅の公安官室に行き、そこの室長に会って事件のことを話した。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • やがて公安官は、男のまぶたをゆっくりとひっくりかえしてから言った。 ハインライン『メトセラの子ら』より引用
  • 東京駅では、公安官が乗った様子はなかったから、途中で乗って来たのだろう。 西村京太郎『寝台急行「銀河」殺人事件』より引用
  • 向うは、どこかで、鉄道公安官が三人、船に乗ったのを見ていると思います。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • それに、鉄道公安官三人も、近くの空いている座席に腰を下している。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 四人の公安官が、同乗していますので、この二人の女性を守っているはずです。 西村京太郎『殺人列車への招待』より引用
  • 公安官が、三人で、チームを作るというのは、おかしいんじゃないか。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • ホームに、乗客の姿はなく、見えるのは、公安官と、警官の姿だけだった。 西村京太郎『特急「白鳥」十四時間』より引用
  • 鉄道公安官は刑事ではないが、通常は刑事ドラマに分類される。
  • しかし、公安官たちには、それを助け起こしている余裕がなかった。 山村美紗『幻の指定席』より引用
  • 死刑執行は公安官が行うが、駅間などでは車掌が死刑を執行する権限を持つ。
  • 新しい二名の公安官には、車内に入ってもらってから、事情を説明した。 西村京太郎『寝台特急八分停車』より引用
  • だから、公安官の服装で、連絡船に乗ったとしても、不自然ではないのだ。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • その上、青森駅の公安官も、時々、連絡船に乗ることもあるといった。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • と、ちらと白い制服の昨日の女性の公安官の方を見ながら少し声を小さくしていう。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 次へ »