公安委員会

1,014 の用例 (0.00 秒)
  • 臨時行政会議や後の公安委員会からも独自に議員や市民代表が派遣された。
  • 公安委員会全体としては実際的には通常の国家での内閣の性格を持っていた。
  • 公安委員会を中心にして、最高価格法や革命暦の採用などが行われていった。
  • 交通局は、国家公安委員会の特別の機関である警察庁の内部部局の一つ。
  • 刑事局は、国家公安委員会の特別の機関である警察庁の内部部局の一つ。
  • 公安委員会規則については都道府県によって内容に違いがある場合がある。
  • 一七九四年には公安委員会の議長となり、翌年、法務大臣に任命された。 アレクサンドル・デュマ/乾野実歩訳『リシャール大尉』より引用
  • また、国家公安委員会の事務部局として、国家地方警察本部が置かれた。
  • また公安委員会は街頭の襲撃から身を守るほどの武力も持たなかった。
  • 道路交通法第九十九条によって公安委員会の指定を受けた教習所のことを指す。
  • この場合公安委員会への届出ではなく管轄の保健所の営業許可となる。
  • 自治大臣兼国家公安委員会委員長兼北海道開発庁長官などを歴任した。
  • 卒業時には公安委員会試験合格基準をはるかに上回る運転技術を要求される。
  • 内閣府には国家公安委員会などの重い機能が集中している。
  • これらの諸常任委員会で最も重要な委員会は公安委員会と保安委員会であった。
  • 暴力追放運動を推進する法人として徳島県公安委員会から指定を受けている。
  • 公安委員会はこの技術を使って四角い気球を使用することを決めた。
  • エベール派は民衆に対して公安委員会に反対して革命的運動をとるよう呼びかけた。
  • 監察の実施状況を公安委員会に報告することが義務付けられている。
  • 絶対的な独裁機構として制度が完成されていなかった公安委員会は左右の内部対立で混乱した。
  • 次へ »