公安

全て 名詞
3,410 の用例 (0.01 秒)
  • 公安の方の分類からいえば単なる一般の民間人と同じということになる。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 船に向かった公安隊とは別の何隊かは、港周辺の宿あらためを行なった。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • ハコのそばでは現場保存の制服警官と鉄道公安官が挙手の礼をして迎えた。 森村誠一『新幹線殺人事件』より引用
  • 紫子ゆかりことて、自分のしたいようにふるまって、今では公安に職を得ている。 荻原規子『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』より引用
  • わずか八人の客でも四人の公安職員では手がたりないくらいである。 宮脇俊三『終着駅は始発駅』より引用
  • また査問の翌日には、公安隊は解散させられ、港から彼らの姿が消えた。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • 正確な身分は知らないが、なんでも公安方面に関係している刑事だそうだ。 山田正紀『贋作ゲーム』より引用
  • そこに先ほど玄関で見た、目つきの鋭い公安スタッフの一人が映った。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ02 ダーティペアの大逆転』より引用
  • 公安部資料室の正体を知っている方がいらっしゃるとは思いませんでした。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • この会議で、国家公安委員長は次のような訓示を出席者にあたえていた。 三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』より引用
  • 中国公安部は省以下の行政単位に設置された公安庁や公安局を管理する。
  • 公安隊と対峙している人垣に、あとからあとから人が集まってきている。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • いいか、一四時五五分発の連絡船に乗ったら、まず、公安官を探すんだ。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 公安大臣の多くを語る目がヴィルフォールに感謝の言葉を述べていた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(1)』より引用
  • 公安警察の姿勢あるいは存在そのものに批判的な態度を取っている。
  • 公安委員会を中心にして、最高価格法や革命暦の採用などが行われていった。
  • 交通局は、国家公安委員会の特別の機関である警察庁の内部部局の一つ。
  • 警察庁長官である海堂の上にいるのは、大臣である国家公安委員長だけ。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • 二人の公安官がやって来たが、彼等もびっくりして、声をかけて来た。 西村京太郎『寝台特急八分停車』より引用
  • 公安官に名前と住所、それに電話番号を聞かれたのを思い出したのである。 西村京太郎『寝台急行「銀河」殺人事件』より引用
  • 次へ »

公安 で始まる単語