公子

全て 名詞
2,097 の用例 (0.01 秒)
  • 公子が夜になっても帰ってこない日は珍しい事ではなかった。 山田悠介『@ベイビーメール』より引用
  • 公子は今夜書を作りてをぢに寄せ、我がために地をなさんと云ひぬ。 森鴎外『即興詩人』より引用
  • こうしてカール公子は敵が分散しているうちに攻撃する機会を逃した。
  • 恵文王側の李兌と公子成は主父の館を包囲し、公子章はその中で死亡した。
  • 妻として夫の性格を見てきた公子は、自分なりにこう考えている。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 公子はとっておきの笑顔で亭主の重い口を開かせようとしている。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 公子は度肝を抜かれたが、同時に男の友情の世界を見て胸が熱くなった。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 公子は肩にあててくる佐々木の手をふりはらうように横へ一歩それて言った。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 時代がそういう方向に流れていて、公子はその方向に自分を変えたいと思ったのだ。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 安公子が山賊に襲われる一部始終を見ていた女俠客・十三妹であった。
  • 公子も「どんなことをお話ししたかなにもよく覚えていない」という。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 召忽は公子糾が死んだ事を知り自害するが管仲を仕えさせる事に成功する。
  • 公子夷が事ごとに子公に対してつらくあたりだしたのは、それからである。 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • 静かな微笑を絶やさない喪服姿の公子の姿が、悲しみをいっそう深くした。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 諸侯は再び会盟しようとしたが、共公は公子囲亀の事件を理由に拒否した。
  • 公子はこの下に黄金が埋まっているのかというように、瞳を輝かせて尋ねた。 半村良『黄金伝説』より引用
  • この時点で、植村はすでに公子との結婚を考えていることがうかがわれる。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • カール公子はすぐ近くに若デッサウのより有力な軍がいることを認識していなかった。
  • ただ父・子楚は公子とはいえ、20人以上の兄弟がいた妾腹であった。
  • 夕食は公子がインスタントのカレーにほんの少し手を加えたものですませた。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 次へ »