公子虔

6 の用例 (0.00 秒)
  • これを実施して4年目、こんどは公子虔が法を犯し、鼻切りの刑に処せられた。
  • 新王は公子虔らの訴えを即座にとり上げ、捕吏をつかわした。 海音寺潮五郎『さむらいの本懐』より引用
  • このために公子虔・公孫賈の両人は恥じて外出しなくなり、公孫鞅を憎悪したという。
  • この時にかねてより商鞅に恨みを持つ新王の後見役の公子虔・公孫賈ら反商鞅派は新王に讒訴し商鞅を謀反の罪を着せ殺害しようとした。
  • といって、太子の公子けんを刑に処し、太子師の公孫に入墨した。 海音寺潮五郎『さむらいの本懐』より引用
  • 太子時代に商鞅の法に触れて、その罰として傅役の公子虔と教育係の公孫賈がそれぞれ鼻削ぎと刺青の刑にされ、もう一人の太子侍従の祝懽が処刑された過去があった。