公子糾

22 の用例 (0.00 秒)
  • 競争相手が消えた公子糾は魯の兵を後ろにゆっくりと斉に入ろうとした。
  • 召忽は公子糾が死んだ事を知り自害するが管仲を仕えさせる事に成功する。
  • この時、公子糾の腹心であった管仲が小白を待ち伏せして暗殺しようとしていた。
  • このため管仲は小白が死んだと思い込み、公子糾の一行は悠々と斉に帰国した。
  • ここで管仲は公子糾の帰国を急がせる一方、競争者である小白を待ち伏せして暗殺しようとした。
  • 殺されてはかなわぬと小白はへ、兄の公子糾は魯へ亡命した。
  • 鮑叔の活躍により公子糾との公位継承争いに勝利し、管仲を宰相にして斉を強大な国とした。
  • 二人は斉に入り、管仲は公子糾に仕え、鮑叔は公子小白に仕えた。
  • 小白はそのまま死んだふりをして管仲から逃げる為に馬車を走らせ、次の宿場で部下に棺桶を用意させ、また莒の兵を国へ返させて自らの死を偽装した為、管仲は小白が死んだものと思い込んで喜び、公子糾に小白を殺したと報告した。
  • 公子糾が敗れた時、召忽は殉死したが私は囚われて辱めを受けた。
  • 斉公の位に就いた小白こと桓公は、魯に公子糾は殺すように、管仲は引き渡すように命じた。
  • そのために、襄公の弟の公子糾は管仲と魯へ、公子小白は鮑叔と莒へそれぞれ逃れた。
  • しかし、既に斉に入っていた小白とその臣下たちが既に国内を纏めており、管仲と公子糾はやむなく再び魯へ退却した。
  • 公孫無知亡き後、小白と同じように魯に亡命し、魯の後ろ盾を得ていた兄の公子糾との間に後継者争いが生じた。
  • その後、襄公が暗殺されると、斉では後継者争いが起こり、莒から戻ってきた小白と公子糾が争ったが、鮑叔の活躍により小白が勝利し斉君となった。
  • 公子糾は待ち構えていた小白に打ちのめされ、魯へ逃げ込んだ。
  • 父は釐公、母は衛の公女、兄は襄公と公子糾である。
  • 荘公8年、斉の公子糾と管仲が魯に亡命してきた。
  • 公子糾に味方をした魯から公子糾の臣、管仲と召忽を受け取り桓公に仕えさせようとした。
  • しかし時の君主襄公は暴虐な君主で、跡継ぎを争う可能性のある公子が国内に留まっていては何時殺されるかわからないため、管仲は公子糾と共に魯に逃れ、鮑叔と小白も莒に逃れた。
  • 次へ »