公子フリードリヒ

19 の用例 (0.00 秒)
  • 長男の世継ぎ公子フリードリヒに先立たれていたため、公爵位は孫のレオポルト4世が相続した。
  • 他方、シュタインメッツは1870年8月6日、スピシュランの戦い司令部からの命令なしで高地への突撃を指示し、大損害を被っただけでなくプロイセン公子フリードリヒ・カール率いる第2軍の進軍路に赴き、 両名と参謀本部との摩擦の原因を作っている。
  • ヘッセン=カッセル家の公子フリードリヒ・カールと、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の妹であるプロイセン王女マルガレーテの間に四男として生まれた。
  • ヘッセン=カッセル家の公子フリードリヒ・カールと、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の妹であるプロイセン王女マルガレーテの間に六男として生まれた。
  • ドゥッブルに位置する10か所の堡塁は、およそ5週間にわたる攻囲の末にプロイセン公子フリードリヒ・カール騎兵大将指揮下のプロイセン軍部隊に攻略されたのである。
  • プファルツ=ゲルンハウゼン公ヴィルヘルムとその妻でプファルツ=ビルケンフェルト家の公子フリードリヒ・ミヒャエルの娘マリア・アンナの間の一人息子として生まれた。
  • 父はヘッセン公子フリードリヒ、母は2度目の妃プロイセン王女マリア・アンナだった。
  • プロイセン軍の進軍計画では、王太子フリードリヒ=ヴィルヘルムの第2軍が、プロイセン公子フリードリヒ・カール大将やヘルヴァルト・フォン・ビッテンフェルト大将率いる別の軍団と合流するため、リーゼンゲビルゲ山地を通りボヘミアへ進攻する予定であった。
  • 公爵の姉カロリナが、カトリックの上級貴族家門の一つシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=ヴィーセンブルク家の公子フリードリヒと結婚したことは、公国内では大きなスキャンダルとして取り上げられた。
  • リヒターは同年5月にホーエンローエ=ヴァルデンブルク=シリングスフュルスト家の公子フリードリヒ・フランツと結婚し、12月に産んだフランツ・ザルヴァトールの息子に夫の姓を名乗らせた。
  • ザクセン=マイニンゲン公子フリードリヒとその妻のアーデルハイト・ツア・リッペ=ビースターフェルトの間の長男として、ドイツ帝国のカッセルに生まれた。
  • プファルツ=ゲルンハウゼン公ヴィルヘルムとその妻でプファルツ=ビルケンフェルト公子フリードリヒ・ミヒャエルの娘であるマリア・アンナの間の第1子、長女として生まれた。
  • 次々押し寄せるオーストリア軍の前に、カイト、ブラウンシュヴァイク公子フリードリヒ・フランツが戦死し、モーリッツ・フォン・アンハルト=デッサウは重傷を負って捕虜となった。
  • ザクセン大公ヴィルヘルム・エルンストとその2番目の妻でザクセン=マイニンゲン公子フリードリヒの長女であるフェオドラの間の長男として、マルクシュールので生まれた。
  • オッフェンバッハ近くのにヘッセン=カッセル家の公子フリードリヒ・カールとその妃のプロイセン王女マルガレーテの三男として生まれる。
  • メクレンブルク=シュヴェリーン公子フリードリヒの娘ヘレーネ・ルイーゼ・エリーザベトと結婚し、2子をもうけた。
  • ザクセン=マイニンゲン公子フリードリヒと、その妻のアーデルハイト・ツア・リッペ=ビースターフェルトの間の次女として生まれた。
  • ヴィッテルスバッハ家プファルツ系傍系プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト家の公子フリードリヒ・ミヒャエルと、同じくプファルツ系傍系プファルツ=ズルツバッハ家出身の妻マリア・フランツィスカの長女として、マンハイムで生まれた。
  • 父はプファルツ系ヴィッテルスバッハ家傍系プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト家の公子フリードリヒ・ミヒャエル、母はプファルツ選帝侯カール4世フィリップ・テオドールの義妹マリア・フランツィスカである。

公子フリードリヒ の使われ方