公子ハインリヒ

9 の用例 (0.00 秒)
  • ザクセンでは当初、プロイセン公子ハインリヒが神聖ローマ帝国軍を相手に、優勢に作戦行動を進めていた。
  • プロイセン公子ハインリヒにとって、ヴィンターフェルトは戦争の扇動者であった。
  • この集団は、防備を固めたランデスフートの町の周辺でシュレージエンからザクセンへの経路を監視する事が可能であり、フリードリヒ大王率いるプロイセン軍主力と、シュレージエンおよびオーデル川に展開するプロイセン公子ハインリヒの軍勢との連絡線を確保していた。
  • その後、プロイセン公子ハインリヒ率いる軍の一翼を任される。
  • ヴンシュはルートヴィヒ・フォン・アンジェレッリ・デ・マルヴェッツィ大佐が設立した義勇大隊に配属されると、小競り合いや奇襲に適した新しい陣形の価値を理解していた、プロイセン公子ハインリヒの指揮下に入る。
  • 続いて1760年8月、彼はドレスデンの救援に向かうプロイセン公子ハインリヒの軍に加わり、その途上でプリンツ・ヨーゼフ竜騎兵連隊に壊滅的な打撃を与えた。
  • 同年、プロイセン公子ハインリヒの指揮下に入ると公子は9月13日、ゲルリッツから出した手紙の中で、シュトゥッターハイムがフリートラントの物資集積地を焼き払い、捕虜700名を得たと書いている。
  • そして1748年、プロイセン公子ハインリヒの目に留まり、七年戦争の勃発とともにプロイセン軍に入隊すると、義勇大隊を率いて数々の奇襲や小競り合いを戦い抜き、オーストリア軍に大損害を与えた。
  • この時期、プロイセン公子ハインリヒ、フィンク中将およびヴンシュ少将指揮下の軍団が、ドレスデンにおけるオーストリア軍の勝利の影響で合流する。

公子ハインリヒ の使われ方