公子カール

19 の用例 (0.00 秒)
  • かつてクールラント公国の統治者を務めたザクセン公子カールと、ポーランド貴族の娘フランチシュカ・クラシンスカ伯爵夫人との間に生まれた。
  • このようにプロイセンが準備万端整える中、ロートリンゲン公子カール率いるオーストリア軍主力部隊はライン川を越えてエルザスに進出し、フランス領に侵入した。
  • 成長すると、マリア・アンナはロートリンゲン公子カール・アレクサンダーと恋に落ちた。
  • ヘッセン大公子カールと結婚した。
  • すでにバーデンの公子カールと婚約していたが、ナポレオンの意向で強引に婚約破棄させられた上での政略結婚であった。
  • 一一月、ワイマル公子カール・アウグストの招きでワイマルにはいる。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • 七四年十二月十一日はゲーテにとっては記念すべき日で、ザクセン・ワイマル公国の二人の公子カール・アウグストとコンスタンティンが家臣とともにパリへ赴く途中フランクフルトに立ち寄ってゲーテと会った。 ゲーテ/高橋義孝訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • バーデンの世継ぎ公子カール・ルートヴィヒと、その妻でヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘であるアマーリエの間の五女として生まれた。
  • バーデン大公子カール・ルートヴィヒと妃アマーリエの娘として、カールスルーエで生まれた。
  • サン・ハイメ公自身はハビエルを後継者に指名していたが、他にもアルフォンソ13世の王子たちやサン・ハイメ公の姪ブランカの子であるトスカーナ公子カール・ピウスを推す諸派があり、カルリスタは内部分裂した。
  • ロシア三代目の女帝エリザベータは、その後継者として、ひそかに外甥であるホルシュタイン・ゴットルプ公子カール・ペーター・ウルリッヒを、はるばるドイツのキールから迎えいれた。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • プファルツ選帝侯の一族であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン公子カール・アウグストとの恋愛結婚を認められず、1769年に粗野なフェルディナンドに嫁がされた。
  • アウグステと死別した後の1864年7月4日、フリードリヒ・フランツ2世はヘッセン大公子カールの娘アンナとダルムシュタットで結婚した。
  • 最初の夫ルートヴィヒは若くして亡くなったため、1688年にルドヴィカはプファルツ選帝侯家の世継ぎ公子カール・フィリップと再婚し、3人の娘をもうけた。
  • 都市の名称は、イギリス王ジョージ3世の王妃で、メクレンブルク=シュトレリッツ公子カール・ルートヴィヒの娘シャーロットに由来する。
  • アウグスト・レオポルトは1894年5月30日、ウィーンでオーストリア大公およびトスカーナ公子カール・ザルヴァトールの娘カロリーネと結婚した。
  • 母方の叔父のハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストの妻ゾフィーの執り成しにより、ヴィルヘルミーネはゾフィーの甥にあたるプファルツ選帝侯の世継ぎ公子カールと結婚することになった。
  • 春、ケーニヒグレーツに集結したロートリンゲン公子カール率いるオーストリア軍はザクセン=ヴァイセンフェルス公ヨハン・アドルフ2世のザクセン軍と合流し、シュレージエンへ進軍する。
  • その後カルリスタは、退位したアルフォンソ13世の王子バルセロナ伯フアン、その兄セゴビア公ハイメ、アルフォンソ・カルロス自身が後継に指名していたパルマ公子サヴェリオ、トスカーナ公子カール・ピウスを推す諸派に内部分裂した。