公子と八重子

5 の用例 (0.00 秒)
  • 明けて一九七四年、公子と八重子は元旦から三日まで京都に旅行した。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 公子と八重子は、毎年正月には二人で旅行することになっていた。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • その夜、悩んだ植村は公子と八重子に、強引に自分の気持ちを押しつけてきた。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 植村の不安はそこにあったが、結局、この夜は結論が出ないまま、翌日、公子と八重子は帰京した。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • そのまま行けば、公子と八重子は兵庫県の日高町まで足を延ばすはずだったが、変事が突発した。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用