公判

全て 名詞
2,124 の用例 (0.01 秒)
  • で決して私は今、五・一五事件の公判などを問題にしているのではない。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • アナウンサーは、一・二六事件の初公判が行なわれたことを告げていた。 家田荘子『極道の妻たち』より引用
  • 予審と公判とを通じて私は文学の階級性を主張することができなかった。 宮本百合子『年譜』より引用
  • 第十二回公判にかかる頃、事件発生から早くも二年の歳月が流れていた。 伊佐千尋『法 廷 弁護士たちの孤独な闘い』より引用
  • それは公判の下調べと言うので遠く馬車を駆って裁判所まで行ったのだ。 大杉栄『獄中消息』より引用
  • 昭和五十七年十一月十二日午前十時から、第十一回公判がおこなわれた。 佐木隆三『深川通り魔殺人事件』より引用
  • 公判中に四七年の殺人事件を自供したが、こちらは時効が成立している。 大塚公子『57人の死刑囚』より引用
  • この公判には組合の人々も都合して一人でも多く傍聴する必要があります。 宮本百合子『今年こそは』より引用
  • 翌日の月曜日に、重罪裁判の第一回公判が行なわれることになっていた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(5)』より引用
  • 私が法廷で彼女を弁護したのは、八月九日の第二回公判のときであった。 駒田信二『一条さゆりの性』より引用
  • 遺体発見場所であるタラハシー郡サムナーで公判が行われる事になった。
  • 公判では写真界の有力者たちが「重ね写し」する手法について証言した。
  • 事件は、公判なしでの監禁を認める政策に反対するデモの最中発生した。
  • 裁判は、一九九一年の二月に提訴され、同年五月に初公判が行なわれた。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • 幸徳等所謂無政府共産主義者の公判開始は近く四五日の後に迫り來れり。 石川啄木『無題』より引用
  • かくて大正十三年四月二日更新第一回の公判が開かれる事となった。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 公判の維持が難しいことが予測される、というのが表向きの理由だった。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • その顔色を見るなり、信吉は「公判の結果はよかったんだな」と思った。 織田作之助『夜の構図』より引用
  • レオナルド・ボールの老嬢殺害事件の公判は世間一般の興味を湧かせた。 クリスティ/松本恵子訳『情婦…クリスティ短編集』より引用
  • 前回公判で早々と請求したのは、勢いを殺さないためだけではなかった。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • 次へ »

公判 で始まる単語