八王子神社

46 の例文 (0.00 秒)
  • 私は一九六九年の秋、八王子神社のある八王子城跡に登ってみたことがあった。 ...
  • また、そこにある八王子神社は、『八尾の史跡』をみるとこうなっている。 ...
  • 八王子の校名の由来は、現在も学区内に鎮座する八王子神社の名に由来するという。 ...
  • 現在は堀切氷川神社の境内社となっている八王子神社の別当寺として創建されたものである。 ...
  • 仏教の守護神である牛頭天王には頗梨采女との間に8人の子がいるとされており、これを祀ったのが八王子神社である。 ...
  • 丸跡も小宮曲輪跡も八王子神社から約5分で到達する。 ...
  • 現在も正式名称よりも旧名称のほうが知られており、地図や看板・社頭の石標・八尾市教育委員会の説明標にも八王子神社と記されている。 ...
  • 深沢山には「八王子権現」が祀られている八王子神社があり、これが市名の由来となった。
  • 新道ルートは金子丸跡まで約10分、そこから八王子神社まで約30分かかるルートである。 ...
  • 常世岐姫神社の正式名称は明治時代以降のものであり、それまでは「八王子神社」と称していた。 ...
  • 「頂上」と書かれた小さな石碑の先にある階段を上ると八王子神社があり、左手に進むと二つの大きな慰霊碑のある展望スペースと休憩所がある。 ...
  • 昭和30年代までのこの付近の海岸線は国道357号のさらに内陸側で、本牧海岸、地域の鎮守の八王子神社から八王子海岸とも呼ばれていた。 ...
  • しかしながら、それを祭る八王子神社がここにあるということは、素戔嗚尊なるものを代表として押し立て、それを祖神とする朝鮮からの渡来人が、早くからここに住みつきはじめたことをものがたるものでなくてはならない。 ...
  • また、総本社は摂津国東成郡の八王子神社と考えられている。 ...
  • 正方形の郭をしており、現在は「お鶴の井戸」と呼ばれている井戸と水堀の一部が池として現存し、本丸は八王子神社となっている。 ...
  • しかし、ここに素戔嗚尊の「八王子」なるものを祭る八王子神社があることなどからして、ここはもしかすると、それ以前すでに古代朝鮮式山城のあったところかとも思われるが、それははっきりしない。 ...
  • 駅名の由来となった八王子神社をはじめ、来振寺、来振神社といった付近の寺社参詣客の利用を見込んでいたが、実際に当駅を利用する参詣者は少なく、駅は谷汲鉄道が名古屋鉄道に合併した頃と同時期に休止され、そのまま復活することなく1969年に廃止された。 ...
  • 次へ