八戸

全て 名詞
2,287 の用例 (0.02 秒)
  • 八百姫は天保10年に八戸藩江戸屋敷にて南部信順の娘として誕生した。
  • 八戸線は現在普通列車のみの地域輸送に特化された運行形態となっている。
  • 青森県八戸はちのへの空港から車で三十分くらい乗ると五戸ごのへに着くのだそうだ。 上坂冬子『おんなの一人旅』より引用
  • それを八戸の下斗米鉄之進は、武器として使用出来るものにしたらしい。 山田風太郎『忍法鞘飛脚』より引用
  • 普通だと電車を使う方が早そうに感じるけれど、八戸での接続が悪い。 高橋克彦『私の骨』より引用
  • また、晩年には甥の長経に八戸の地を譲って、自身は七戸に居を構えた。
  • 八戸市内で唯一の女子校である千葉学園高等学校とは姉妹校の関係にある。
  • 八戸線も当駅に接続しているが、分岐点は八戸駅構内扱いになっている。
  • 八戸藩では領知高2万石のうち1万1千石が損毛となる大凶作となった。
  • その他にも、八の太郎は現在の八戸市島守地区から出たという伝説もある。
  • 建物は旧八戸藩学校の建物を活用し、演劇の興行は年に3回程度行われた。
  • 当該区間に完成したトンネル名は八戸自動車道のトンネルと同名になった。
  • 八戸市の新産業都市への指定、八戸工業高等専門学校の誘致に尽力した。
  • そこへ、八戸の泉太せんた呉服店で丁稚でつちの口を世話してくれるという人が現れた。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • これらの幹線道路は八戸市営バスと南部バスのバス路線になっている。
  • 航空集団隷下部隊で、青森県八戸市にある八戸航空基地に所在している。
  • 八戸駅で東北新幹線に接続し、青森県南部地方と下北地方を結んでいた。
  • 八戸藩成立以前には既に城の周囲には町が形成されていた。
  • なお二戸・久慈地域は当該地域への郵便物を除き八戸貨物駅の担当である。
  • 主に八戸市立吹上小学校と八戸市立中居林小学校の出身生徒が在籍する。
  • 次へ »