八幡宮

全て 名詞
2,220 の用例 (0.03 秒)
  • 義時はそれを聞くと幕府に参じ、政子と実朝の妻を八幡宮に逃れさせた。
  • 鎌倉の鶴岡八幡宮を中心とした山に囲まれた範囲では中心線より東側に多い。
  • 八幡宮のまわりには、江戸でもそれヽヽと知られた料理屋が少なくない。 池波正太郎『夜明けの星』より引用
  • このことから冠尾八幡宮と呼ばれるようになり、後に冠纓神社となる。
  • この地域の土地は、平安末期になると次々に大隅正八幡宮へ寄進された。
  • 本町通り商店街を越え西側の市道を進むと 白岡八幡宮が存在している。
  • 能直は領内に「七社の制」を定め、七社の八幡宮を創建または再建した。
  • この旅では、一日鎌倉の鶴ケ岡八幡宮で源頼朝と会って話し合っている。 大岡信『名句歌ごよみ〔秋〕』より引用
  • 地元の産土神としても祀られ、江戸末期までは石岡八幡宮とも呼ばれた。
  • ここでは、福岡県田川市にある風治八幡宮の川渡り神幸祭を説明する。
  • 第二次大戦後に「ことのまま」の名を復活させ、事任八幡宮とした。
  • 油の専売権は、大山崎八幡宮がもっているということは何度も触れた。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 八幡宮が、諸国のどんな果てにも存在するようになったのは、このためである。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫4) 忍者からす』より引用
  • 一般には西暦663年とされるが、足助八幡宮では673年としている。
  • 八幡宮からそう離れてはいないはずだが、うって変わって人通りが少ない。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • 近代社格制度のもとで神社名を脇子八幡宮として明治4年に郷社に列格した。
  • そのことについては、次の宇佐八幡宮でみることになるはずである。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 10 筑前・筑後・豊前・豊後』より引用
  • 八幡宮はその並木道を突きあたったところの、小高い丘のうえにあった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 04』より引用
  • が、いましがた八幡宮で出会ったことを口にするのは、なんとなくはばかられた。 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』より引用
  • この時期に元八幡の旧社であることから懐島八幡宮は本社宮と改称したという。
  • 次へ »