八千代銀行

全て 名詞
12 の用例 (0.00 秒)
  • また町田市においては八千代銀行と輪番で指定金融機関を受託している。
  • 当初は八千代銀行を含め9行が採用を発表していた。
  • 稼働は八千代銀行のみの状態が7年間続いたが、2010年5月に2行目となる三重銀行で稼働開始した。
  • この開発遅延、その対応の中で八千代銀行専用のカスタマイズとなってしまったとの報道、稼働直後の6月の障害などもあり、2004年の大光銀行をはじめとして採用撤回が続き、「失敗プロジェクト」とも呼ばれた。
  • しかしBankingWeb21の開発遅延により、八千代銀行の稼働開始は予定より2年遅れとなった。
  • 協同組織金融機関の業容が拡大する中、取引先中小企業の業容もまた大企業へと進展する事例も多く、1991年に東京都の旧・八千代信用金庫が転換した八千代銀行は、このような出資・預金・貸付に関する制限は業務の制約となるととらえ、銀行への改組を図った。
  • なお東京都民銀行と八千代銀行とは、既に2001年5月14日よりATM相互出金無料提携を実施している。
  • ATMでは、イオン銀行・常陽銀行・筑波銀行・武蔵野銀行・千葉銀行・横浜銀行・東日本銀行・八千代銀行のキャッシュカードによる出金は自行扱いとなるほか、しゅとねっとで提携している同行・東日本・八千代の3行については相互入金も実施されている。
  • 三丁目に市立向陽台小学校、市立第五中学校、八千代銀行稲城向陽台支店、四丁目に稲城中央公園、城山公園、稲城市立中央図書館がある。
  • いずれの場合も、旧中央三井信託銀行及び八千代銀行のキャッシュカードを「コンビニATM『イーネット』」にて出金の場合は、イーネット管理銀行機にかかわらず提携外行扱いとなった。
  • 東京都民銀行と八千代銀行を傘下に置く。
  • また、地域内には横浜市立市ヶ尾小学校、横浜市立東市ヶ尾小学校、横浜市立市ヶ尾中学校、神奈川県立市ヶ尾高等学校、横浜市ヶ尾郵便局、みずほ銀行市が尾支店、八千代銀行市が尾支店、横浜銀行市が尾支店がある。