八千代は染子

6 の用例 (0.00 秒)
  • 八千代は染子が何を言おうとしているのか悟って、制止したが染子は一向にたじろがない。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 八千代は染子の布団越しにもう一つの布団をのぞいた。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • つい、一週間ばかり前の海東英次の告別式で見た、海東未亡人のせとがったほおを思い出しながら八千代は染子をうながした。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 小声で八千代は染子のそでを引いた。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 八千代は染子の肩をゆすぶった。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 八千代は染子のもたもたした言い方を封じた。 平岩弓枝『黒い扇』より引用