八千代

全て 名詞
2,282 の用例 (0.01 秒)
  • そこへおれとお藤が加わったかと思うと、八千代のやつがかえって来る。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • ハンドルを握っていた運転手が八千代の言葉に笑いながら言ったものだ。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • みるからに好人物らしい老教師は八千代の話に興味を持ったようだった。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 八千代ちゃんのお母さんが板前さんに話しているのを聞いちゃったのさ。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • いたかったかと言いかけて八千代は傍の母に気がねして言葉を切った。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 八千代の部屋へ落ち着くと、出かけて行くのが嫌になりそうな気がする。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 二人の後姿がドアの向こうに消えてしまうと八千代は深い嘆息をついた。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 即ち殺されたのは八千代さんではなく、誰かほかの女だというのだろうか。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 君が八千代に首ったけだということを、おれはまえからよく知っていた。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 笑っている顔の裏に複雑な女の表情があるようだと八千代は直感した。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • しかし運転手はちらりと八千代を見たきりさっさと車を走らせて去った。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • つまり、あの死体は八千代さんではなくて、ほかの婦人ではなかろうか。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • その男がどこへ八千代ちゃんを連れて行くのか気にもなったし、心配だった。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 別に何の意味もない眼と眼の交換に、八千代は二人の親密さを感じた。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 八千代が立っている垣根のすぐ下が、ギリシャ風呂の高窓の高さであった。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 八千代さんがべつに殺されているなどとは、とうてい私には信じられぬ。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 八千代さんはしばらく黙っていたのちに、やがてかすかにうなずいた。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • すると八千代のやつ大乗気で、ぜひとも君をつれて来てくれというんだ。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 八千代さんは寝るまえに、あの刀を何んとかしたいと思ったのだろう。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 八千代が指したのは頼家よりいえかつらをモデルにしたらしい一対いつついの人形である。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 次へ »