八切止夫

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 作家の八切止夫は村八分の語源を村八部にあると唱えている。 ...
  • 日本原住民論八切止夫は、これまでの歴史の常識を覆す様々な説を唱えていた。 ...
  • 小説家八切止夫は、乳母の春日局が家光の生母ではないかという説を立てた。 ...
  • 八切止夫は1970年に長編小説『徳川家康は二人いた』を発表した。 ...
  • ちなみにこの手記のコピーは第三者を経由して八切止夫の所にも送り届けられた。 ...
  • 一世を風靡した鹿島曻の借地史観も、初期の頃は八切止夫の亜流の域を出ないものであった。 ...
  • 歴史小説家である八切止夫は、スペイン内戦時には城砦として使用されていたトレドの修道院から、15世紀から16世紀の舟乗りや宣教師による日本についての報告書を発見した。 ...
  • また小説家の八切止夫は、秀吉は「端柴売り」出身で、わざとそのことを示す羽柴に改姓し、自分が本来低い身分なのだとアピールすることによって周囲からの嫉妬を避けようとしたのだと推測している。 ...
  • 奇矯な性格から晩年は出版界から敬遠され、みずから日本シェル出版という出版社を設立して『八切止夫自由全集』を刊行した。 ...
  • 八切止夫が掲げた「日本原住民論」を通じて、下記に記される日本に征服されてきた人々の歴史を明らかにし、彼らの憎悪と呪詛を掘り起こせと説く。 ...
  • 作家八切止夫は、昭和42年に著書『信長殺し、光秀ではない』を発表して主犯別在説の口火を切った。 ...
  • その上、そもそも、古くは歴史小説家の八切止夫らが、家康の存在に着目しているため、明智憲三郎自身の主張に反してその説は新説とは言い難い。 ...
  • 上杉謙信女性説は、昭和43年に小説家八切止夫が提唱した越後国の戦国大名上杉謙信が実は女性であったのではないかとする仮説である。 ...
  • 八切止夫のネタ元は戦前の「スメル学会」であり、さらに詳細に歴史をみると借地史観という形での歴史解釈の元祖は木村鷹太郎のようである。 ...
  • 特に八切止夫史観に着目した部分は、太田竜に古史古伝などのオカルトに関心を持たせるきっかけを与え、後年、太田竜が陰謀論者として名を馳せることになるなど、多大な影響を及ぼすことになった。 ...