八八五〇

17 の例文 (0.00 秒)
  • そのことから八八五〇形は固定軸距を短くすることも考えられた。 ...
  • このシリーズのなかで、もっとも意欲的な設計となったのは八八五〇形であった。 ...
  • 八八五〇形は、島の重心扛上こうじようの構想に重要な理論的根拠を与えるものとなった。 ...
  • これに対して八八五〇形は二四三八ミリまでにあがった。 ...
  • 八八〇〇形の固定軸距が四一九一ミリに対し、八八五〇形は三六五八ミリである。 ...
  • 八八五〇形の新機軸は設計変更においてよく仕様書の規準を守ったものであった。 ...
  • 八八〇〇形は工期二ヵ月半、八八五〇形は二ヵ月で竣工した。 ...
  • このうち、八八〇〇形と八八五〇形はドイツ滞在中の島安次郎が工場につきっきりで監督したものである。 ...
  • 八八五〇形はそのために缶中心線が高かったが、屈曲の多い日本の線路を走行する性能は申し分なかった。 ...
  • 動輪直径を一二五〇ミリにしたため、缶中心線が二五九四ミリではあったが、重心の高さは八八五〇形と同じ一五二四ミリにおさえることができた。 ...
  • イギリスのノース・ブリティッシュ社の製作した飽和蒸気式機関車は八七〇〇形、ドイツのベルリーナ社製は八八〇〇形、同じくボルジッヒ社製は八八五〇形、アメリカン・ロコモチーブ社製は八九〇〇形とした。 ...
  • 八八五〇形が、第一動輪を主動輪として、主連棒を短くしたという場合は、ピストンの力が分裂するロスには目をつぶり、主連棒が引き起こす振動や、重心移動のマイナス面を小さくしようという考えが表明されているわけだった。 ...
  • 筆者は、この八八五〇形完成後の諸元のなかに、島安次郎のアイデアがひそんでいるように思えて仕方がない。 ...
  • この八八五〇形の意欲的な設計では、缶の中心を扛上したことで重心が高くなったことから、動揺を小さくおさえようと主連棒を短くし、第一動輪へ結びつけたという考えが読みとれる。 ...
  • 「広軌改築」を前提にし、脳漿をしぼりきるように構想した島の思考は、そうして生まれた八八〇〇形、八八五〇形の誕生日の日付のあたりで、その根拠の大きな領域が失われていたのである。 ...
  • 八八五〇形はあくまでもボルジッヒ社による設計であるが、圧延鋼板の切り抜きによる主台枠の成形はボルジッヒ社でも新しい試みだった。 ...