八丁堀の畝源

17 の例文 (0.00 秒)
  • 翌日、東吾は講武所へ出かける前に八丁堀の畝源三郎の屋敷へ寄った。 ...
  • 夜、東吾は八丁堀の畝源三郎を訪ねて、宗太郎の話を伝えた。 ...
  • 通之進が奉行所へ行くのを見送ってから東吾は同じ八丁堀の畝源三郎の屋敷へ寄った。 ...
  • あと七日で端午たんごの節句という日に、神林東吾かみばやしとうごるいヽヽと二人で八丁堀の畝源三郎うねげんざぶろうの屋敷へ行った。 ...
  • 八丁堀の畝源三郎うねげんざぶろうの屋敷へ行ってみると、一人息子の源太郎が東吾に教えられたように、小さな木剣を振って朝稽古をしているのを、源三郎が縁側に立って眺めていた。 ...
  • 訪ねた先は、八丁堀の畝源三郎の役宅で、本当は誰より先に、東吾に話したかったのだが、なまじ他人でなくなっている間柄だけに、東吾が居候をしている兄の神林通之進の屋敷にはこっちから訪ねて行くのがはばかられた。 ...
  • 河豚の毒で変死者が出たということになっては、この店に疵がつくので、品川宿の役人には知らせるな、といい、川崎屋の主人に命じて、八丁堀の畝源三郎へ使をやった。 ...
  • 翌日、東吾はいつもより早く「かわせみ」を出て、講武所へ行く道すがら、八丁堀の畝源三郎の屋敷へ寄ってみた。 ...
  • 行った先は、同じ八丁堀の畝源三郎の家で、普段は殺風景な男世帯も、松飾りのせいか多少は華やいでみえる。 ...
  • 船の中で、千代次の泣き声があんまり悲痛だったのと、月あかりに浮んだ千代次の立ち姿がひどく思いつめてみえたので、お節介とは思いながら東吾はその足で八丁堀の畝源三郎の屋敷へ寄って一部始終を報告した。
  • 八丁堀の畝源三郎の家へ行ってみると、源三郎はまだ帰って居らず、 「なにか調べものがあるとおっしゃって、奉行所へお出かけになりました」 東吾も顔なじみの下婢かひが恐縮そうにいう。
  • 翌朝、嘉助は八丁堀の畝源三郎の許へ走って行った。 ...
  • 明石橋界隈は、長助の縄張り外だが、たまたま、八丁堀の畝源三郎のところへ用足しに来ていて、事件をきき、現場をみて来たという。
  • 危険を承知で、八丁堀の畝源三郎へ、これを届けようとした女心は、もとより、祝言を前にして、自ら裏切った男への、せめてもの詫び心だったのだろうか。
  • 一方、大川端の旅宿「かわせみ」では、泊り客の森川徳兵衛という者が前夜、とうとう帰って来なかったので、番頭の嘉助が八丁堀の畝源三郎の屋敷までその旨を知らせていた。 ...
  • 翌朝、八丁堀の畝源三郎が、「かわせみ」へやって来たのは、まだ朝顔の露が朝陽に輝いている時刻で、「かわせみ」の庭の桐の木では、せみが鳴いていた。 ...