全額返還

31 の用例 (0.00 秒)
  • 制作者側は賞金を全額返還したうえで、現在のデザインが採用された。
  • スタート事故が起きた場合、その艇のからんだ勝舟投票券は全額返還になる。
  • 同社はツアーに申し込んだ客に対し全額返還すると表明した。
  • スタート事故をした艇に関係する舟券は全額返還となるため、改めてそれらを除いた売上金の中からオッズが再計算されることとなる。
  • ただ、オーストラリア版に関してEAはオーストラリアの消費者に対して希望者を対象に全額返還を実施すると発表した。
  • 預託金は一定期間経過したのちに全額返還される。
  • 基本的に元本保証は無いが、会員が出資した馬が早い段階で死亡するか競走能力を喪失したと診断された場合には、出資金を全額返還するという規約を設けている。
  • どちらも、親と子の点数が同じであれば引き分けとなり、子が賭けたチップなどは全額返還される。
  • なお、完走馬がいない、あるいは3連勝式で2頭しか決勝線に到達しないといった賭式が成立しない場合においては全額返還される。
  • 逆にサポーター確保の目処が立たない場合は、出資金を全額返還した上で本当に配信終了となる。
  • 対象競走のうちの1レースでも天災によって開催不可能となった場合は、その馬券は無効となり全額返還払戻となる。
  • また、梶原拓前知事に対し退職金約1億8000万円の全額返還を求めている。
  • 失格艇にかかわる舟券は返還されないが、全艇が失格した場合はレース不成立となり、当該競走の投票券は全額返還となる。
  • その間、高額のサラリーが契約上保証されていたにも関わらず、「チームに貢献してからもらう」と言って休養中のサラリーを全額返還したというエピソードがある。
  • 全柔連によって不正使用された助成金6055万円が全額返還されたことを受けて、保留されていた交付が再開されることになったものの、国内競技会開催事業や海外での国際大会への選手派遣事業に使われる団体助成金に関しては、不正受給への制裁処置として交付されなかった。
  • 続いてJSCは不正受給された助成金や強化留保金の全額返還を全柔連に求める意向を明らかにした。
  • なお、レースが不成立となった場合や、完走が少なく的中となる組み合わせが存在しなくなった賭け式の投票券は券面金額を全額返還する。
  • 伝貰金は、契約終了時に借り手に全額返還される。
  • また、グッドウィル同様「データ装備費」問題が浮上したが、こちらはグッドウィルとは異なり過去の装備費は全額返還に応じるとしている。
  • 出資金は全額返還され、残った貸付金は倉庫精練が引き継いだ。
  • 次へ »