全額負担

92 の用例 (0.00 秒)
  • この駅は駅前にあるマンションの分譲会社の全額負担で駅が設置された。
  • 駅舎・ホームの建設費は住宅・都市整備公団が全額負担した駅である。
  • 改造費用の全額負担はできず、改造費用は東京地下鉄の負担とするべきである。
  • 今日他社タクシー会社では二種免許取得費用の会社全額負担が趨勢である。
  • 企画出版とは、出版社が費用を全額負担して書籍を出版すること。
  • 負けたチームは勝ったチームが使ったお金を全額負担するという罰ゲームがある。
  • 滑走路などの基本施設の維持・整備費は、第一種空港の場合は、国が全額負担する。
  • 以降、池田文太郎は全額負担して毎年30名の小作人を庄内へ派遣する。
  • 被爆による病気やケガでさえも被爆者自身が全額負担しなければならなかった。
  • 国庫全額負担による小学校教育等が実現されたのである。 宮本百合子『ロシア革命は婦人を解放した』より引用
  • しかも裁判費用を全額負担せねばならなかった。
  • 地元・南阿蘇村の請願駅であり、建設費3500万円は同村が全額負担した。
  • 鉄道営業は赤字となっており、東近江市をはじめ沿線自治体が全額負担している。
  • もっとも、それでも親がこれらを全額負担して、新たに金を得た子どもがますます贅沢をしてしまうようでは逆効果かも知れないが。 小浜逸郎『正しい大人化計画 ―若者が「難民」化する時代に』より引用
  • なお業務に必要な経費は自治団体が全額負担する。
  • 工事費用は薩摩藩が全額負担、大工などの専門職人を一切雇ってはならないとした。
  • 維持費や改装費はユーベ側が全額負担する代わりに、どのような利用も可能で、そこでの利益も保証される。
  • 信長は同盟成立を大いに喜び、通常は浅井側が結婚資金を用意するのが当時のしきたりだったが、信長自身が婚姻の費用を全額負担したとされている。
  • 幕府が諸藩を動員してやったこれまでの工事でさえ失敗したのに、経済的裏付けもはっきりしない民間の事業、しかも全額負担でやるなど、とても成功するとは思えない。 白石良夫『最後の江戸留守居役』より引用
  • 保険料は労災保険の趣旨から事業主が全額負担する。
  • 次へ »