全額自己負担

28 の用例 (0.00 秒)
  • 若干名は全額自己負担で企業に入社せずに修学することも可能としている。
  • 先進医療に分類されるため、検査費用は基本的に全額自己負担である。
  • 一次医療からの紹介状なしに二次医療を受診した場合、保険は適用されず全額自己負担となる。
  • 全額自己負担での建設が実現した場合、民間企業が独力で開業する初の新幹線となる。
  • これにより、全額自己負担とする診療所も出てきている。
  • 包茎治療を専門としており、保険診療は行っておらず全額自己負担の自由診療となっている。
  • この分野の施術の多くは、病気の治療ではないため健康保険は適用されず、全額自己負担の自由診療となる。
  • ただし、給付を受けられず全額自己負担になるため事実上の無保険者であり、国民皆保険の形骸化や空洞化が指摘されている。
  • やななを管理する佐藤マネージャーの言によると、最終日に集まったゆるキャラたちは交通費等の経費を全額自己負担という条件で参加したという。
  • ここで患者は自由診療を選択することもでき、公的病院と民間病院の両方で行っており、支払いは全額自己負担となる。
  • また、全額自己負担での建設が実現した場合、民間企業が独力で開業する初の新幹線となるが、地元の要望で建設される途中駅については、地元に建設費用の負担を求めるものとした。
  • この場合、前述の保険適応期間を超える範囲の費用については、診察料・薬剤費用などを含めて全額自己負担となる。
  • NHS以外のプライベートで医療を受ける場合は全額自己負担であり、その金額は日本における医療費よりもかなり高額である。
  • 民間人が全額自己負担で宇宙旅行に旅立った世界初の例は、スペースアドベンチャーズ社がロシア宇宙局と契約を仲介することで実現したアメリカの大富豪デニス・チトーによるものである。
  • そのため、東海旅客鉄道は2027年に品川駅 - 名古屋駅の先行開業を目指して全額自己負担で建設することを発表した。
  • 夫婦の宣教師は全額自己負担となる。
  • また、同社は首都圏 - 中部圏間を超電導リニアによる東海道新幹線バイパスとして、地元自治体に建設資金を負担させる中間駅を除くインフラを全額自己負担で建設する計画を発表しているが、詳細は発表されていない。
  • そのため、薬剤費を含め、診療費、調剤料などは全額自己負担になり、その負担額は医療機関によって異なる。
  • 更に、こうした公的な制度に基づかず、患者の全額自己負担により、患者の要望に対して、より柔軟に対応する訪問看護を提供する組織・企業もある。
  • なお、医師は認定医、専門医などの資格を維持するために学会費を支払い、定期的に学会に出席することを必要とされるが、これらの経費は勤務医の場合通常全額自己負担であり、旅費も学会費も通常経費として認められない。
  • 次へ »