全額地元負担

5 の用例 (0.00 秒)
  • 新尾道駅と同様、費用を全額地元負担で建設し開業した請願駅である。
  • 駅の建設費用とその他駅前広場・関連道路の整備費用は全額地元負担で建設され、建設費用2億円のうち1億円は、地元藤阪地区の共有地であるため池を売却してまかなわれた。
  • 南びわ湖駅は地元の要望により建設される「請願駅」であり、建設費用約240億円は全額地元負担となる。
  • さらに車両の老朽化も進んでおり、車両更新の要望も上がっていたものの、JR西日本はアーバンネットワーク以外での車両購入費用は基本的に全額地元負担としているが、地元自治体が負担に消極的であったために更新できないなどの理由により、2007年7月1日に廃止された。
  • この経過があるため、上記のような主張がでているが、促進協議会側は設置費用を全額地元負担とすることへの批判に対する反論としてJR東海にとって待避駅は不要であり、むしろ東海道新幹線のダイヤを逼迫させるものであると主張している。