全額免除

39 の用例 (0.00 秒)
  • 特待生として多くの選手を授業料全額免除等で時には国外からも集める。
  • この時は一反あたり190円の解決金とその年の小作料全額免除で解決した。
  • 卒業後には返還する事となっているが、介護の仕事に5年間連続して従事した場合には返還が全額免除される事となっている。
  • その他、被災学生に向けた学費の全額免除措置などの緊急措置を講じた。
  • 特に稚内市民に対しては、この制度を利用する場合は入学金が全額免除されるなどの優遇がはかられている。
  • 私費外国人留学生のうち、国際的競争力のある卓越した教育研究拠点形成のためのCOEプログラムが採択された研究機関において研究補助に従事し、特に研究能力が優れている者に対して、事業終了時までの授業料が全額免除される制度を設置している。
  • 試験官らはベネットの才能に驚嘆し、彼はアカデミー史上初めて授業料と寮費を全額免除されることになった。
  • 主に自然科学系や工学系の分野を中心として、学生の大半がTAやRAによる学費の全額免除と生活費の支給を受けることのできる専攻分野もある。
  • ただし、正式な外交関係がないため、治外法権や外交特権は認められていないとみられるが、例えば日本では固定資産税等の税金が全額免除になっているようである。
  • 第1号被保険者本人が法律に定められている次のいずれかに該当するときは、すでに納付されたものを除き、該当する日の属する月の前月から該当しなくなった日の属する月まで、法律上当然に保険料が全額免除される。
  • 彼は、モアハウス大学にフットボールの特待生として学費全額免除で通っていた。
  • なお、特別進学類型S特別進学コースはA奨学生制度があり、入学金・授業料などを全額免除となる。
  • 特待生制度、準特待生制度があり、通年の定期試験の成績で平均点が90点以上の者は特待生とされ学費が全額免除される。
  • 大学と同様に大学院の学費も日本と比べてかなり高額な場合が多いが、医学などを除く理系分野においては、ほぼすべての院生がTAやRAをすることにより学費が全額免除になり、しかも十分な生活費が給付されるのが一般的である。
  • この制度は学生納付特例のカラ期間としての承認ではなく、現在の全額免除と同様の効果があったが、「学生納付特例」の成立により制度として消滅した。
  • しかし、大学院の自然科学系や工学系においては、ほとんどの学生が後述するTAやRAをすることにより、学費が全額免除になり、十分な生活費も支給されるのが一般的である。
  • 特別進学類型特別進学コースにはB奨学生制度があり、入学金全額免除および授業料が半額となるA・B奨学生制度が用意されている。
  • また、米国の大学では、ディベートの課外活動に単位を与えたり、ディベート大会で優秀な実績を残した学生に学費全額免除を含めたディベート奨学金を出したりする例も見られる。
  • 日本では大学院生のアルバイトの一種とみなされているが、欧米においては、TAをすることによって、授業料全額免除などの恩恵を受けられることも多い。
  • 在日本朝鮮人総聯合会施設および関連施設に対し、固定資産税の全額免除もしくは一部免除などが行われている。
  • 次へ »