全焼する火災

5 の用例 (0.00 秒)
  • 後者は、さらに古い歴史を有する可能性があるが、幕末に集落ごと全焼する火災があったといわれ、多くの古い史料が失われたと考えられる。
  • 正保3年2月、忠広の居所および家臣の屋敷全てが全焼する火災があったが、京より建物を取り寄せ再建されている。
  • 夏休み中の2004年8月4日工事の作業中に火花が引火し、体育館を全焼する火災となった。
  • 現在鹿児島アリーナがある場所には江戸時代より鹿児島刑務所が設置されていたが、1985年12月16日に管理棟2階から出火し、1棟が全焼する火災が起きた。
  • 生まれ故郷の川崎重工で修理されたものの、以降は神戸港や因島で係留され、神戸港外に係留中の1948年5月4日にはエンジンルームを全焼する火災事故が発生した。