全然違う

576 の用例 (0.01 秒)
  • ちゃんと調べてみたら全然違うという結果だって出てくるかもしれない。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • 見るからに性格の悪そうな目つきは同じ鋭い目でも雄二とは全然違う。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 01』より引用
  • 器からして違っていたけど、うちで取る寿司とは内容も全然違っていた。 今野緒雪『マリア様がみてる 04 ロサ・カニーナ』より引用
  • さっきと言っていることが全然違いますが、エルメスは黙っていました。 時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』より引用
  • それは僕の呼吸法そのものと同じで、二〇年前と今とは全然違うんだよね。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • それは絶対に、知っているあの嫌な連中とは全然違う人のはずだった。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • 町の自動車整備工場ぐらいの規模を予想していたのだが、全然違った。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 14 山口防衛戦3』より引用
  • もちろん並んでいる料理は全然違うが、その底に流れるものは同じだった。 森瑤子『望郷』より引用
  • 彼が自分らとは全然違った人間だと思い、それが彼らの感情を害したのだ。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • 同じ道を歩いているのに、先とは全然違う道を歩いているような感じになる。 朝香祥『スパイラル カノン その扉を開く者 (The Beans 01)』より引用
  • お兄ちゃんが勉強を教えてくれるときの、涼しげに通る声とは全然違う。 野村美月『文学少女シリーズ15 “文学少女”と恋する挿話集4』より引用
  • 今、この場所に令ちゃんがいたら、全然違った気分でいられたろうに。 今野緒雪『マリア様がみてる 06 ウァレンティーヌスの贈り物(後編)』より引用
  • もとから持ってるもの、それこそ才能っていうのかな、それが全然違う。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • 私は予想していた風貌ふうぼうと全然違うので、まったく意外の感に打たれた。 林望『書薮巡歴』より引用
  • 三カ月まで何という事ないけど、三カ月経ったら、裸になっても全然違う。 中上健次『讃歌』より引用
  • すると、男女が三、四人やって来たが、昨夜の顔触かおぶれとは全然ちがっている。 菊池寛『女強盗』より引用
  • 眠気とは、全然違う眠りから、一瞬にしてぱっとわたしの意識は戻った。 夏石鈴子『バイブを買いに』より引用
  • 烏丸さん、あなたに送ったような招待状とは全然違う文面だったのです。 吉村達也『トリック狂殺人事件』より引用
  • でもツバメが聞きたかったのは、健一が気にしていたこととは全然ちがった。 新井輝『ROOM NO.1301 10』より引用
  • そうだとしたら、おそらく私の人生は今とは全然違ったものとなっていただろう。 林望『テーブルの雲』より引用
  • 次へ »