全然考え

118 の用例 (0.00 秒)
  • それ以外のことを全然考えていないと言っても華厳けごん滝上たきのぼりではないわ。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • あの人は、私たちのことを書こうなどとは全然考えていなかったのです。 ドストエフスキー/北垣信行訳『貧しき人びと』より引用
  • 僕は目の前に並んでいる親しい人たちのことなど、全然考えていなかった。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • あっちゃんは周りのことなんか全然考えずにモノを作る人だからね。 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』より引用
  • 被害者の家族のこととか、全然考えないルポを書くんじゃないかって。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 先輩のところに来ることが優先だったために、話の内容を全然考えてなかった。 奈須きのこ『歌月十夜 36 日向色の日常』より引用
  • 指してから全然考えずにやッちゃったのに気がついた始末ですよ。 坂口安吾『桂馬の幻想』より引用
  • 私は臥煙さんに向かってからはそんなこと、全然考えていなかったのだから。 西尾維新『猫物語(白)』より引用
  • 人がどう思うかなど全然考えないで、自分の義務だと思うことをしていたのである。 ヴェルヌ/金子博訳『二年間の休暇(15少年漂流記)』より引用
  • トータリティなんて全然考えてないからアルバムとしては失敗作だと思います。
  • あんただって血筋とかそういうの、全然考えないわけじゃないくせに。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • あいつが誰と対応するのか、全然考えもしなかったんだからな。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 私が何をしたいと思っているかは全然考えないわけよ。 清水義範『いい奴じゃん』より引用
  • 付き添いなしで外へ出ることなどは、全然考えてもおられませんでしたのです。 エミリー・ブロンテ/田中西二郎訳『嵐が丘』より引用
  • 女があなたのことを誇りに思いたがっているなどということは、全然考えない。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 俺がお前のことを全然考えてなかったなら、こんなことをわざわざお前にいいはせん。 野間宏『真空地帯』より引用
  • 自分の息子が殺人罪に問われるなどということは、全然考えてもみなかったことです。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • つまり、重要なものとは全然考えていない可能性が高いのだ。 森博嗣『G 01 φは壊れたね』より引用
  • 当時私は、彼らがなぜ毎年芝居をやるかということについて全然考えたことがなかった。 魯迅『阿Q正伝』より引用
  • 佐々木さんは世界を作りえたり、破壊はかいしようなんて全然考えないのです。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 次へ »

全然考え の使われ方