全然平気

77 の用例 (0.01 秒)
  • 彼女たちは女同士でいるとき、目の前で何をしても全然平気だった。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • 何かを暴露されたところで、僕は犯罪行為など犯してないのだから全然平気だ。 宮谷シュンジ『絶望の世界 2希望の世界』より引用
  • 小夜子は女官たちにその場で思いっきり罵倒ばとうされたが、全然平気だった。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • あたしは中学時代も町道場で、ずっとツキありで練習してたから全然平気だ。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • なんなんだかな 最近は全然平気で出ております。 大槻ケンヂ『のほほん人間革命』より引用
  • 二ヶ月前は、食事中虫が飛び込んできても全然平気だったって。 時雨沢恵一『キノの旅 第05巻』より引用
  • 本人たちは全然平気でね、五時間ちょっとで走り抜いてしまった。 山際淳司『エンドレス・サマー』より引用
  • それでも相手が全然平気だったら、そのときはあきらめるんだね。 ヘッセ/常木実訳『デーミアン』より引用
  • そのかしこそうな柴犬は全然平気に見えるが、それはなぜなのだろう。 谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』より引用
  • その人のことを思いだしても、全然平気になりましたからね。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • ゆっくり動きますからね放してても全然平気ですからね。 内田春菊『キオミ』より引用
  • 三十七度ちょっとの熱なんて、全然平気だっつーの! 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • やはりというか、絶叫系のマシンは姫にとって 全然平気のシロモノだった。 きゃんでぃそふと『つよきすACT D』より引用
  • なにしろあの顔だし、ふたつも年上だし、ひとりでいても全然平気そうだし。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第06巻』より引用
  • そして、そんなことは全然平気な作家だっているだろう。 山本文緒『日々是作文(ひびこれさくぶん)』より引用
  • いーちゃんと一緒に、六年前に負ったくらいの傷じゃあ、僕様ちゃんは、全然平気だもん。 西尾維新『ネコソギラジカル(上) 十三階段(ファイル結合、傍点追加、一部修正)』より引用
  • あぁ、ちなみに私は全然平気だったけど、あんたにはどうかしらぁ?! 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 10 昼壊し編』より引用
  • ほんのちょっと風邪を引いただけで、全然平気なのだけど。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • それよりも、あなた自身の楽しい予定をつくって、全然平気、という顔をしていること。 梅田みか『愛人の掟1』より引用
  • それが何故か、男の人というのは「汚くたって全然平気」という人が多いようだ。 山本文緒『日々是作文(ひびこれさくぶん)』より引用
  • 次へ »