全然そんな

81 の用例 (0.01 秒)
  • 全然そんなものは気にもとめていなかったのだ。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用
  • だが、私は全然そんなことはしなかったのだ。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 人を人とも思わない強心臓の女ピアニストだといううわさもきいていたが、全然そんなことはない。 岩城宏之『棒ふりのカフェテラス』より引用
  • おまえに全然そんな気持がないと言いきれるかね。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 全然そんなつもりじゃなかったの! 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 03巻 仮面舞踏会』より引用
  • 問題は全然そんなことじゃない! ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』より引用
  • 私は、絶対に大丈夫だって、今の彼女は全然そんな感じじゃないって、必死に訴えた。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • 全然そんなことじゃないんだ! ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』より引用
  • けれども、全然そんな顔しないで学校へ行っておりましたから、みんな、この先生はいい先生だと思っておりました。 淀川長治『私の映画の部屋』より引用
  • 全然そんな気になれないの。 川島誠『800』より引用
  • でもね、全然そんなことありませんでした。 夏石鈴子『バイブを買いに』より引用
  • ホントは全然そんなんじゃないんだけどね。 野村美月『文学少女シリーズ09 “文学少女”と恋する挿話集1』より引用
  • 全然そんなことないじゃない。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • けれどもパルマ公家では全然そんなことはないのですよ。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • かなり眠いはずなのに、全然そんな様子を見せなかった。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • いや全然そんなものはない。 福永武彦『風土』より引用
  • 全然そんなではなかった。 ウルフ/鈴木幸夫訳『波』より引用
  • あの子は、全然そんなことはないよね。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • 全然そんなことはないよ。 ムアコック『この人を見よ』より引用
  • TVや映画の刑事物けいじものだと、ちょうど向い側に空家があったりするものだが、ここは全然そんなものがない。 赤川次郎『天使よ盗むなかれ』より引用
  • 次へ »

全然そんな の使われ方