全然そんなこと

29 の用例 (0.00 秒)
  • でも、わたしは魔酒なんて、全然そんなことには気がつきませんでしたね。 南條竹則『酒仙』より引用
  • あの人は全然そんなことを知らなかったに違いありません。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • 全然そんなことを期待していたのではなかったのだ。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(中)』より引用
  • あの子の母親なら全然そんなことないと思うわ。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • 言っときますけど、私ね、全然そんなこと気にしてないのよ。 森博嗣『瀬在丸紅子シリーズ 第01巻 黒猫の三角』より引用
  • 彼は全然そんなことは考えていなかった。 シムノン/長島良三訳『メグレと政府高官』より引用
  • 私はあの時、全然そんなこと考えられなかったのに。 今野緒雪『マリア様がみてる 35 私の巣』より引用
  • 俺は全然そんなこと知らないのだ。 赤川次郎『素直な狂気』より引用
  • でも、それのおかげで僕が日常生活を快適に過ごしているかと言うと、全然そんなことはない。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 01』より引用
  • だが、私は全然そんなことはしなかったのだ。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 人を人とも思わない強心臓の女ピアニストだといううわさもきいていたが、全然そんなことはない。 岩城宏之『棒ふりのカフェテラス』より引用
  • 問題は全然そんなことじゃない! ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』より引用
  • 全然そんなことじゃないんだ! ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』より引用
  • でもね、全然そんなことありませんでした。 夏石鈴子『バイブを買いに』より引用
  • 全然そんなことないじゃない。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • けれどもパルマ公家では全然そんなことはないのですよ。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • あの子は、全然そんなことはないよね。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • 全然そんなことはないよ。 ムアコック『この人を見よ』より引用
  • その日以来、私を取り巻くすべてのものが輝いて見えた、などと小説風の言い回わしをしたいところだが、全然そんなことはない。 山田詠美『姫君』より引用
  • 全然そんなことないよ。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ S』より引用
  • 次へ »