全然そんな

81 の用例 (0.00 秒)
  • 向こうが友人と思っているだけで、僕は全然そんな事思ってないのだが。 竹井10日『ポケロリ 02 なかよしの章』より引用
  • でも、わたしは魔酒なんて、全然そんなことには気がつきませんでしたね。 南條竹則『酒仙』より引用
  • でもそれがいいことかっていったら、私には、全然そんなふうには思えない。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • あの人は全然そんなことを知らなかったに違いありません。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • メダルに気がついたのかつかないのか、全然そんな素振りは見せなかった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『04 にせ札偽造団』より引用
  • 全然そんなことを期待していたのではなかったのだ。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(中)』より引用
  • あの子の母親なら全然そんなことないと思うわ。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • 僕は全然そんな意味で言ったんじゃないんだ! ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(中)』より引用
  • 言っときますけど、私ね、全然そんなこと気にしてないのよ。 森博嗣『瀬在丸紅子シリーズ 第01巻 黒猫の三角』より引用
  • それにあの女は全然そんな女じゃないんだ。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(中)』より引用
  • 彼は全然そんなことは考えていなかった。 シムノン/長島良三訳『メグレと政府高官』より引用
  • だって全然そんな風には・・・ 「なんか現実感が無くって」 それはつまり? 宮谷シュンジ『絶望の世界 2希望の世界』より引用
  • つい一昨日も駒場の邸へ行ったのに、全然そんな話は出なかった。 酒井美意子『ある華族の昭和史』より引用
  • 学校の先生って全然そんなものとはちがって、もっともっと重要なものですわ、そうお思いになりません? ヒルトン/菊池重三郎訳『チップス先生さようなら』より引用
  • 私はあの時、全然そんなこと考えられなかったのに。 今野緒雪『マリア様がみてる 35 私の巣』より引用
  • 何故なら「恋」というのは全然そんなものではないからだ。 山本文緒『日々是作文(ひびこれさくぶん)』より引用
  • それも、令さまのことが心配でここまで飛んできたくせに、全然そんな素振そぶり見せないで。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • 俺は全然そんなこと知らないのだ。 赤川次郎『素直な狂気』より引用
  • いや、ぼく自身は全然そんなつもりはなかったのだが、傍目はためにはそう映ったらしいのである。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用
  • でも、それのおかげで僕が日常生活を快適に過ごしているかと言うと、全然そんなことはない。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 01』より引用
  • 次へ »

全然そんな の使われ方