全然あり

93 の用例 (0.01 秒)
  • 僕はそういう人たちに水をかけようっていう気持ちは全然ありませんね。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • ところがその反対に彼だという証拠も全然ありはしないのだ。 シムノン/水谷準訳『サン・フォリアン寺院の首吊り人』より引用
  • およそそのなかで、人間が生きているという気配は、全然ありませんでした。 佐藤正彰訳『千一夜物語 05』より引用
  • マシュウは自分で興奮の種を探しまわるようなことは全然ありませんからね。 モンゴメリ/神山妙子訳『赤毛のアン』より引用
  • 二階には横町の路地に面した窓が三つありますが、一階には全然ありません。 スティーヴンスン/日高八郎訳『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 収入の面で義兄のサックリング氏と競うつもりなんて全然ありませんのよ。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • 人に教えたり、人に号令したりする資格は、私には全然ありません。 太宰治『風の便り』より引用
  • けれども、わたしはこのことについて、やましい気持きもち全然ぜんぜんありませんでした。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • わたくしの手もとにはいまお金は全然ありませんのよ、ドミートリイさん。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(2)』より引用
  • それまでのわたしは、自分には結婚する資格など全然ありはしないと確信しきっていたのである。 ヘッセ/佐藤晃一訳『郷愁』より引用
  • 会う前まで、私には引き取るつもりなんか全然ありませんでした。 小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』より引用
  • デスデモナが恋人として選んだこの人物には不適当だと非難されるような点は全然ありませんでした。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • この世のものでないとすれば、つまりこの世には教会など全然ありえないということになるじゃありませんか。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(1)』より引用
  • 日本人のあなたがアメリカ人のわたしに、ご自分の英語を弁解する必要は全然ありません。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • おかげで彼女の美しい目を見ていても馬鹿げた気持を起こす気遣いは全然ありませんからね。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • 彼の姿は全然ありませんでしたがね。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『04 にせ札偽造団』より引用
  • そのおかげで車にひかれる危険は全然ありませんでした。 クリスティ/川崎淳之助『他訳 ミス・マープルのご意見は? 2』より引用
  • そんなことは全然ありそうもありません。 原田義人『城』より引用
  • ちょっとしたきっかけであんなことになったということも、全然あり得ない話ではない。 山田風太郎『幻燈辻馬車(上)』より引用
  • ですからこの沿岸では危険はすくないか、もしくは全然ありません。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 次へ »