全日本剣道連盟

108 の用例 (0.00 秒)
  • 全日本剣道連盟から日本人講師が派遣され、審判技術が指導されている。
  • 現在最も修行人口が多く、一般に杖道といえば全日本剣道連盟杖道を指す。
  • 太平洋戦争後に大日本武徳会は解散し、その後発足した全日本剣道連盟が事業を継承している。
  • 岐阜県剣道連盟の理事長を務め、全日本剣道連盟より功労賞を受ける。
  • 同年10月14日、全日本剣道連盟発足と同時に会長に就任した。
  • 羽賀は全日本剣道連盟の役職に就くことなく、後進の育成に力を注いだ。
  • 全日本剣道連盟居合道、杖道の段級位・称号は、剣道の規則に準ずる。
  • 称号や段級位の審査及び授与も独自の基準を制定しており、試合形式も全日本剣道連盟とは異なる。
  • 全日本剣道連盟の規定においては、正式名称を剣道具という。
  • 昭和27年、全日本剣道連盟が発足すると、名称を「日本剣道形」に改めた。
  • 全日本剣道連盟傘下の団体が紹介されることが多い。
  • 羽賀の弟子たちは、全日本剣道連盟の試合では禁止されている投げ技や組討ちを行う、戦前のスタイルを残した稽古を続けている。
  • 末次は、剣道だけでは日本刀の刀法を知ることはできないと主張し、全日本剣道連盟居合制定の委員を務めた。
  • この形式ではなぎなたのルールであることが多いが、全日本剣道連盟と全日本なぎなた連盟は公式なルールを整備していない。
  • また、後に全日本剣道連盟は他の連盟との段位の二重登録を禁じたため、大日本武徳会の規模は一気に縮小した。
  • 全日本剣道連盟の居合道については剣道の段級位制に準ずる。
  • なお団体名に「剣道」が多用されているが、それらの団体の多くは国際剣道連盟や全日本剣道連盟の主張を認めていない。
  • 全日本剣道連盟は引き続き適宜人選し、第三次以降につなげる方針を示している。
  • 太平洋戦争後、剣道が全日本剣道連盟の下に復活した際も、学生剣道界では戦前に倣って二刀を禁止したために、二刀を学ぶ者が非常に少なくなってしまった。
  • 孫の秋山英武も剣道を修行し、全日本剣道連盟から範士八段を授与されている。
  • 次へ »

全日本剣道連盟 の使われ方