全日本剣道

146 の用例 (0.01 秒)
  • 何たって、一九九〇年代に、全日本剣道選手権大会で六回も優勝したんだ。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • 全日本剣道連盟から日本人講師が派遣され、審判技術が指導されている。
  • 現在最も修行人口が多く、一般に杖道といえば全日本剣道連盟杖道を指す。
  • 平成25年には、73年振りに全日本剣道演武大会での演武が実現した。
  • そのため、この大会で優勝することは全日本剣道選手権大会で優勝するよりも難しいと言われている。
  • 主な実績には2004年度の第52回全日本剣道選手権大会優勝などがある。
  • 原田哲夫六段は昭和59年度における全日本剣道選手権優勝者である。 近藤唯之『勝負師語録』より引用
  • 剣道五段の有段者でもあり、全日本剣道選手権大会中継の実況も務めている。
  • 太平洋戦争後に大日本武徳会は解散し、その後発足した全日本剣道連盟が事業を継承している。
  • 岐阜県剣道連盟の理事長を務め、全日本剣道連盟より功労賞を受ける。
  • 同年10月14日、全日本剣道連盟発足と同時に会長に就任した。
  • ・全日本剣道選手権大会には奉職同年に初出場したが決勝で宮崎正裕に敗退する。
  • 羽賀は全日本剣道連盟の役職に就くことなく、後進の育成に力を注いだ。
  • この大会や全日本剣道選手権大会で上位入賞を収めた選手が、世界剣道選手権大会の日本代表選手に選出されることが多い。
  • 全日本剣道選手権大会と並ぶ国内最高レベルの大会である。
  • 全日本剣道連盟居合道、杖道の段級位・称号は、剣道の規則に準ずる。
  • ・現在でも全日本剣道選手権大会の予選に挑戦しており、まだまだ選手としては戦える強さを見せている。
  • 称号や段級位の審査及び授与も独自の基準を制定しており、試合形式も全日本剣道連盟とは異なる。
  • 全日本剣道連盟の規定においては、正式名称を剣道具という。
  • OBには第56回全日本剣道選手権大会で第三位に入賞した有場賢輔を輩出している。
  • 次へ »