全国に広め

46 の用例 (0.00 秒)
  • 日本人として南蘋の唯一の直弟子となり、その後南蘋流の彩色花鳥画の第一人者として多くの弟子を育てその画風を全国に広めた。
  • 全国的にみられるタイル絵は、伝統の九谷焼で戦前より石川県金沢の「鈴栄堂」という窯元が全国に広めたもの。
  • セリフは博多で使用される方言の博多弁であり、「博多」を全国に広めた劇画である。
  • また、この曲のヒットにより和歌山の名を全国に広めた功績が称えられ、ぶらくり丁にある雑賀橋の畔には歌碑が建てられている。
  • このようにして広まっていった包むための布としての風呂敷の呼称は、やがて「風呂で敷く布」から、「包む布」として行商人たちによって全国に広められていったと考えられる。
  • 十二代坂倉新兵衛は萩焼を全国に広め不振衰退から救ったことにより、中興の祖と呼ばれる。
  • この石童丸物語は高野聖こうやひじりの一派、萱堂聖によって全国に広められ、江戸時代の初期には説教節せつきようぶし浄瑠璃じようるり琵琶歌びわうたとなって普及したそうな。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • また、十二代坂倉新兵衛は萩焼を全国に広め不振衰退から救ったことにより、中興の祖と呼ばれている。
  • 愛宕山の愛宕神社は、古くから修験道の道場となり、愛宕山に集まった修験者によって江戸時代中頃から愛宕信仰が日本全国に広められた。
  • 一方、日本においても、幕末の社会運動家である二宮尊徳が、勤倹貯蓄と相互扶助を目的とした報徳思想を起こし、これを全国に広めたが、これが、日本における信用金庫などの協同組合運動の思想的なルーツの1つであるといわれる。
  • これは中世以降、出雲大社の御師が全国に広めた説であるが、現在でも出雲では10月を「神在月」と呼び、出雲大社ほかいくつかの神社では旧暦10月10日ごろに神を迎える祭、その1週間後に神を送り出す祭が行われる。
  • 斬新な設備を次々と導入し、日陰の存在であったラブホテルを一気に全国に広めた「目黒エンペラー」は、多くのマスコミが取り上げ、「目黒エンペラーに行ってきたよ」ということが自慢になるほどの人気ぶりだった。 金益見『ラブホテル進化論』より引用
  • 童謡「かごめかごめ」を採譜して全国に広めた人物である。
  • 文芸面では大正時代に、それまでの華やかな安来文化の蓄積である安来節を全国に広めた渡部お糸、その後は陶芸家、河井寛次郎や、彫刻家、米原雲海など日本文化の伝統を主軸にした近代芸術家を多く輩出した。
  • この間、佐渡水陸物産共進会の審査委員を務め、明治24年には大日本水産会の地元委員となり、同年島根県の委嘱で同県の伝修生を受け入れて、佐渡のイカ漁法とスルメ製法の優秀さを全国に広めた。
  • Peach sugar snowは、山梨県をはじめ関東を中心に活動する小中学生3人組の女性アイドルグループで、地元の代表的果物である桃をPRしながら、愛する山梨を全国に広めていくために活動している。
  • 江戸時代の1692年の創業後間もなく上方から江戸まで醤油を出荷し、引田醤油の名を全国に広めた『引田御三家』のひとつ。
  • 阿くりはこの『各個演習教程』において当時最新の体操法を全国に広め、女子・男子を通じた体育教育における第一人者となった。
  • 町内には日本棚田百選に選定された棚田が2か所あること、西日本最大級の養鶏場があること、さらに、町出身の岸田吟香が愛好し全国に広めたという説があることから、「卵かけごはん」により町おこしを図っている。
  • その後2007年には「池上線開通80周年」企画の一環として「池上線の名前を全国に広めた」ということで特別列車「名曲池上線号」が運転され、この曲を歌った西島三重子も乗車してイベントが行われた。
  • 次へ »