全国に広める

13 の用例 (0.00 秒)
  • その事から名を一気に全国に広めることになった。
  • この出来事は習志野の地名を全国に広めるきっかけとなった。
  • そして、皮肉にもこの純粋さが釧路ラーメンの認識を全国に広める妨げとなっていた。
  • 標準語ではニュアンスを伝えにくい仙台弁『いずい』を全国に広める会の会長を名乗っている。
  • 東京駅や仙台駅、羽田・仙台の両空港など、全国各地から来た人が集散する場所に店舗展開したことで、ずんだを全国に広めるきっかけになったと評されることがある。
  • しかし既存の兵式体操では効果は薄く、新しい体操を構築し早急に全国に広めるためには理論・実践のみならず思想面でも強固な人物に指導されねばならない。
  • 孚九の名を全国に広めるに『伊孚九・池大雅山水画譜』が大きな役割を果たした。
  • 現在では、市民ランナーの指導者として、自然とともに走る喜びを全国に広める活動を展開しつつ、日本オリエンテーリング協会の会長としてオリエンテーリングの普及・振興に努めている。
  • また市民参加のワークショップにより住民の活気を引き出すまちづくりを提唱し全国に広めることに尽力する。
  • 近年展開している「ずんだ茶寮」は、宮城県の郷土菓子であるずんだ餅やずんだスイーツを全国に広めるきっかけになったと評価されることがある。
  • 日本吟醸酒協会とは、1980年代に誕生した新しい日本酒、吟醸酒を日本全国に広めるため、1981年8月に全国の42の蔵元が集まって創立した。
  • また年末には新ベーシストとして中西道彦を迎え入れ、2009年、新たなラヴスナイパーを全国に広めるべく、関東だけではなく3月には関西、4月には東北と、広くライブ活動を行っていく。
  • 門人に次男である藤田東湖、豊田天功、会沢正志斎らがおり、彼らは水戸学の尊王攘夷思想を全国に広める活動を行った。