全国に広め

46 の用例 (0.00 秒)
  • さらに、全国に広めたのは熊野聖などの勧進聖たちによってである。
  • 金山として出発した阿仁鉱山の名を全国に広めたのは、銅山発見からであった。
  • 開業後は赤穂からの塩の輸送が行われ、赤穂の塩をさらに全国に広めて赤穂の産業発展に貢献した。
  • 「西鉄」の名前を日本全国に広めたのはプロ野球とも言える。
  • 特に、歯科保健センターを中心として8020運動を全国に広めたことでも知られる。
  • 一地方の芸であった津軽三味線を全国に広めた第一人者である。
  • その後改良を加えた神前結婚式のスタイルが奉斎会各県本部・各支部によって全国に広められ、定着していった。
  • これが西宮市で発見された仕込み水「宮水」と供に灘酒の名声を全国に広めた要因の一つである。
  • 大津式一挙更新腹接ぎ法という高接ぎ法を考案し、全国に広めた。
  • 江戸時代には芦峅衆徒によって、立山権現信仰が全国に広められた。
  • その他にも、節分の恵方巻などのように、元々は限られた地域の風習であったものがコンビニの企画商品を端緒として毎年恒例の商業的イベントと化してゆき、食品スーパーなどもこれに便乗する形で全国に広められていったものもある。
  • 日本国内ではタクアン和尚が全国に広めたとされ、彼が和尚を務める京都の大徳寺では、多数の修行者が日々精進を行なっている。
  • ゼノ修道士は全国各地に赴き、その教えを全国に広めた。
  • その製パン法を学ぼうと、全国から弟子が集まり、その門弟が田辺家の家紋を商標に掲げ、全国に広めていったのが始まりとされている。
  • 内容を全国に広めた。
  • しばしば、人口に膾炙される出雲大社に全国の神が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神がいなくなると言われるものは、後付けの中世以降、出雲大社の御師が全国に広めた民間語源とされる。
  • 特に、日田の咸宜園や江戸の昌平黌において行われていた節調が、多数の門人によって日本全国に広められた。
  • また徳川家康の令により、それまでの武士道とは異なる儒教を軸とした新しい「武士道」が全国に広められ、さらに300年近くにもおよぶ平和な時代が続いたことにより、禅など心法・精神鍛錬に重きを置く流派がでるなどし、武術が昇華した。
  • セイユース伸びゆく青年の会初代会長を務め、歩け歩け運動を全国に広めた発起人でもある。
  • ラブホテルを全国に広めた、叩き上げの指揮官とも呼ばれる小山氏の話から、ラブホテルの歩みを辿たどってみたい。 金益見『ラブホテル進化論』より引用
  • 次へ »