全勝

全て 名詞
1,123 の用例 (0.01 秒)
  • 全勝優勝を達成すれば優勝額にも優勝ではなく全勝と書いて区別する。
  • カンファレンス外の相手は全勝できるように弱いチームとしかしない。
  • 最終局は同じく全勝の佐藤康光と、挑戦者決定戦出場をかけて戦った。
  • 優勝4回は横綱としてはあまり多くはないが、うち2回が全勝であった。
  • 夏場所は三十一歳の北の湖が二十四回目の優勝を七度目の全勝でかざった。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 第5節に全勝対決が実現した関立戦は実質上の優勝決定戦であった。
  • 予選・本大会を通じての全勝優勝はそれが大会史上唯一である。
  • 一方、上位3チームが残り試合を全勝した場合の勝率は以下の通りである。
  • 時代劇、それも剣戟映画を得意とした全勝キネマの現代劇作品である。
  • 第5節に全勝対決で迎えた関立戦は実質上の優勝決定戦となった。
  • クライマックスは関東大学対抗戦における全勝対決となった早明戦であった。
  • これにより牝馬交流重賞を6戦全勝とし、そのまま引退する事が発表された。
  • その後、農民を「全勝堂」という組織に組織化し、勢力を拡大していった。
  • この初場所、西張出横綱千代の山は、十五戦全勝で六回目の優勝をとげた。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 新横綱の全勝優勝は十三年春の双葉山につぐ史上二度目の快挙だった。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 後任の西村昭宏が残りのリーグ戦を全勝で終え、天皇杯は準優勝となる。
  • 決勝でApollo 55を撃破し、大会史上初の全勝優勝を果たした。
  • 翌7月場所も7戦全勝としたが、千代桜に敗れて序二段優勝はならず。
  • 逆にあたしは、黒岩以外の三人と対戦して、ここまで全勝している。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • その場所は7戦全勝で三段目優勝を果たし、完全復活を果たした。
  • 次へ »