全体の形

143 の用例 (0.00 秒)
  • 星雲全体の形も、1840年代の大爆発以前とは明らかに変わっている。
  • 顔位の狭い面積の処で、一部を強く引っ張れば、全体の形が変って来る。 森鴎外『カズイスチカ』より引用
  • したがって、全体の形が、何かのかんむりか、片輪びれみたいに思われるのである。 小栗虫太郎『白蟻』より引用
  • ただし大きいものは全体の形が壊れてしまっている場合も多い。
  • 葉身の全体の形は長楕円状倒卵形で、葉身の先端は尾状鋭尖形をしている。
  • 廊下の一方の壁はゆるい曲面になっており、全体の形を想像させた。 野尻抱介『クレギオン 3 アンクスの海賊』より引用
  • 全体の形は不規則な楕円形だが、これは周囲の状況によって大いに変化する。
  • 顔全体の形からいえばやや長い卵形ということができよう。 国枝史郎『娘煙術師』より引用
  • 全体の形はわずかにゆがんでいて、中に薄暗い部分があることに気づかされる。
  • 凹凸が大きくて葉全体の形にかかわるほどの場合、裂けていると見る。
  • 大きくなり、葉全体の形が五角形をしているのが特徴である。
  • 鞭毛全体の形が鳥の羽にも似るため、以前は羽型鞭毛と呼ばれた。
  • 雄は全体の形が雌に似ているが、大きさははるかに小さい。
  • というのは、さらに奇妙なことに、鯨の骸骨からは全体の形はわからないのだ。 メルヴィル/高村勝治訳『白鯨(下)』より引用
  • 想像の仕事は、まず全体の形を完成することだった。 野上豊一郎『パルテノン』より引用
  • 全体の形は丸みを帯びた、やや横長の長方形に近い形になっている。
  • ハジラミは全体の形はシラミに似るが、細部では多くの点で異なっている。
  • そこには総企画的なものがなければならず、これは全体の形を作るものとして知性の最高の技術に属している。 三木清『哲学入門』より引用
  • 網が破れても細胞の壊れていない部分は生きているから、群体全体の形を止めない場合もままある。
  • 全体の形はさまざまあり、その性格も多岐にわたると考えられる。
  • 次へ »